2019年12月09日

tere2019_idaku.jpg



こんなにも、愛おしい

唯一無二の 温もりを、

永遠(とわ)に抱くことを 許された 私は、

計り知れないほど 罪深く、

その苦しみに、何度 圧し潰されようとも、

心底、幸せであると 思う。






posted by ただゆめこ at 14:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

ひざの上の風物詩

hizanoueno_mugyu.jpg


秋も深まり、だいぶ寒くなってきました。

座椅子に座り、ひざにコタツ布団を被せると、
チロが待ってましたと言わんばかりに、上に乗っかってきます。

すると、ミカちゃんも負けじとチロの上によじ登り、
わずかなスペースに、体をムギュムギュ〜っと、うずめます。


ああ、今年も現れた。ひざの上に、白と黒の 巨大なお饅頭。

ぴったりと行儀よくくっついて、じ〜っとしている。
なんともユーモラスで、愛おしい・・・。


とは言うものの、その重さは合計9キロ強。

さすがに何時間も乗っかっていられると、足はビリビリ、しびれまくり。
結構、しんどかったりなんかする。



そうか・・・

「愛」というのは、ときに重たくて、ちょっぴり煩わしくもあり、
だけど、常に、あったかい・・・。

なんて、思ったりなんかして。




posted by ただゆめこ at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

模様

tadayumemoyou.jpg



昔から、素敵な包装紙や布地の絵柄を見るのが好きで、
いつか自分でもデザインしたいと、ずっと思っていました。

ここ最近、再びデジタルでの制作に力を入れるようになったのは、
その思いが、いよいよ強まったからでもあります。


包装紙などに使われる絵柄のデザインは、どこで切れてもいいように
繰り返しの「パターン(模様)」になっているのが通常。


「Photoshop」や「Illustrator」があれば、
自分の描いた絵を、手軽にパターン化させることができるのです。




kokeshisisters2.jpg



なんてことない、ちょっとした絵も、
規則正しく画面上にずらっと並ぶと、思わずにんまり。

オリジナルの模様が作れて、嬉しくなっちゃいます。


絵を使って「デザインする」って、おもしろいな〜と、
しみじみ実感している、今日この頃です。





posted by ただゆめこ at 17:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

生きる。

ikiru.jpg



誰が言ったのか、何に書いてあったのか、

正確な文章や細かな文脈は覚えていないのだけども、

強い感銘を受け、心の支えとしている言葉が ある。


【 生きていくために必要なのは、「意味」ではなくて、「意志」だ・・・】



今まで、何度この言葉を自分に言い聞かせてきたことだろう。

本当に、その通りだと思う。


苦しい時ほど、人は「生きる意味」を求めようとする。

だけど、大事なのは「意味」ではなく、

自分を生き抜く「意志」を持つことだ。しっかりと。力強く。


負けたくない。頑張ろう。





posted by ただゆめこ at 08:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

おんぶ猫さん

onbuneko2.jpg



再びデジタルでの制作に力を入れ始めたわけではありますが、

ボールペンLOVEは、健在です。

いつでも描きたいときに、ササッと描けるボールペンは、やっぱり最高!

目がちょっと怖くなっちゃった〜と思ったけれど、

なんか、じ〜っと見てたら、妙に気に入ってしまった。





posted by ただゆめこ at 12:40| ボールペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

雲のマーチ

kumonomarch.jpg



そよ吹く風に、秋を感じる 今日この頃。

朝早く、窓を開けて 空を見上げると、

澄んだ青が、どこまでも高く、続いていた。


適度に小分けされた白い雲が、風に乗って、流れていく。


遅すぎず、速すぎず。マーチのごときスピード。

朝日に輝きながら、ぐんぐん、ぐんぐん・・・!



ああ、 なんというか。

いつまででも、眺めていられるな〜


流れゆく雲をずっと見ていると、

自分の心まで、なんだかふわりと、軽くなっていくような、

そんな気がするから、不思議だ。


うつむいてばかりいると、大事なものを見失う。

たまには空を、見ないとね。





posted by ただゆめこ at 07:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

日々練習

illustrator_bokashi.jpg


adobeの「illustrator」というソフトがありまして、
今、一生懸命、勉強しております。

実は3年ほど前にも、「1年ライセンス」で購入したことがあるのですが、
すぐに挫折してしまい、ろくに使いもせず、非常にもったいないことをしました。


adobe製品は「photoshop elements」を持ってるので、
デジタル的なことは、それでなんとかやっていこうと思っていたのですが、
様々なコンペに積極的に参加していくには、
「illustrator」のスキルがどうしても必要になってくるという現実にぶち当たり、
先月、意を決して、再び「1年ライセンス」を購入した次第です。

今まで、グラデーションツールが嫌いで、まったく使ったことがありませんでしたが、
「グラデーションメッシュ」や「ぼかし」の効果を、ほんのり効かせると、
パステル画のような温かみのある質感が出せることを知りました。


丸っこい三角を連ねた、赤い飾り枠が気に入ってます。





posted by ただゆめこ at 10:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

可愛いアスター

aster_ezogiku5.jpg



ブログにはあまり載せていませんが、
最近、草花を描くことがとても多くなりました。

この絵は、お仏壇に飾っていたアスター(エゾギク)をスケッチしたもの。
丸っこい小さなお花が、枝分かれした茎の先々にたくさんついていて、とても可愛いです。


きんとんみたいに、ぎっしり咲いてる子もいれば、
アポロチョコみたいにギザギザしてる子。
飴玉みたいなぷっくりした蕾が、あちこちに。

緑のガクがふさふさしてて、どれもなんだか美味しそう。
一つ一つが、色も形もとても表情豊かで、ずっと眺めていたくなります。


以前は花を見ても、きれいだな〜と思うだけで、
「描きたい!」とは、正直あまり思いませんでした。

それが変わったのは、バラの老木のできごとがあってからです。

草花の命のたくましさ、健気さ。日々変わりゆく、美しさ。
愛おしいな〜と、純粋に、そう思います。


ちなみに「アスター」とは、ギリシア語で「星」という意味だそうで。
現代に生きる私は、食べ物にばかり例えてしまいましたが、
遥か昔の人々は、花の咲く姿を星に見立てていたということなのですね・・・





posted by ただゆめこ at 12:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

研究中

hankofuu.jpg



アナログ感のある、はんこ風なイラストに見えるかと思いますが、デジタル活用です。

紙に描いた水彩画をスキャンし、
その画像を、好みの形に切り取って、イラストにしました。

パソコン上で「貼り絵」をするような感じでしょうか。


以前は、デジタルかアナログか、その二者択一しか頭にありませんでしたが
最近ようやく、アナログとデジタルを組み合わせることの楽しさに気がつき、
いろいろと試行錯誤しながら、自分なりの表現を研究しております。






posted by ただゆめこ at 06:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

生と死と

chiro_chitta2019.jpg



チロとチッタ。

同じ黒毛の、異なる命。

チロのぬくもりに 耳をあてたなら、
かつてのチッタと同じ、命の鼓動が聞こえる。

そんな当たり前のことが、妙に、愛おしい。


つながっているのだ、なにも かも。

すべては、つながっている。絶え間なく、どこかへと。


私たちは きっと、いつの日か、

ひとつの真実となって、永遠の中に、溶け行くだろう。





posted by ただゆめこ at 03:32| 絵と詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

祈菊

inorigiku2019.jpg



檜の端材で作った、白菊の木彫り。

「木を彫る」という行為は、
「祈りを込める」ということに、限りなく近いと思う。


戦後74年。

どんなに時が経っても、過ちの消えることは、決してない。
奪われし命の、その無念を、
私たちは、ひとつとして、忘れてはならない。

抱き続けること。覚悟をもって、背負い続けること。

自分に何ができるのか。何をすべきなのか。
絶えず、問い続けていきたい。






inorigiku2.jpg






posted by ただゆめこ at 15:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

ぬるいトマト

IMG_20190812_234438.jpg

ぶつ切りの トマトが妙に
おいしくて、

ふと甦る 父の姿を、
しみじみ、懐かしく想う。

今日も暑い。 暑い、盆前の夜。




posted by ただゆめこ at 00:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

無垢

bubu11nenme.jpg




ぶーちゃんの死は、苦しみの果てにあった。

長い間、病と闘い、幾度もの検査に耐え、
そして最期は、もがき、苦しみ、息をひきとった。


それなのに、ぶーちゃんの死顔は、
壮絶な苦しみを露とも感じさせないほど、安らかなものだった。

誇らしげに、勇ましく、笑みを浮かべているようにさえ、私には思えた。

ぶーちゃんは本当に強くて、立派な子だった。



その夜、私は自分のベッドに ぶーちゃんを寝かせると、
ひんやりと冷たい体を、そっと優しく撫でながら、
何度も何度も、ぶーちゃんの名を呼び続けた。子守唄のように。

私は、動かぬぶーちゃんと一緒に、眠りについた。



いつの間にか朝がきて、私だけが目覚める。

真っ先にぶーちゃんを確かめると、
ぶーちゃんの顔は、昨日のそれとは、少し違うものに変わっていた。


まるで子猫みたいに、あどけない顔をして、
私の枕もとで、微笑むように、眠っている。

それは私が今までに見たこともないような、
本当に、天使のように愛おしい、無垢な微笑みだった。




あの夏から、11年。

ぶーちゃんの苦しみに最後まで寄り添い、
全身全霊をかけ、自分で看取ることができたこと、

そして、今年も無事に、ぶーちゃんの命日を迎え、供養することができたことに、
私は改めて、心から、感謝したい。






posted by ただゆめこ at 04:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

沈黙の祈り

chinmokunoinori.jpg



計り知れない、無念の思い。

どうして、

なんで、

怒りと悲しみ、ぐるぐると渦を巻き、

祈ることすら、ままならない。

手にした小さな木片を、

削っても削っても、何も変わるはずもなく、

私はただひたすら、重く沈んでいく自分の心を、

じっと、みつめている。






posted by ただゆめこ at 06:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

最近

nekomimi_senga.jpg



最近、こういう感じの絵を黙々と描いております。


A4のコピー用紙に鉛筆で描いた線画。

クロッキーの一環で描いていたのだけども、
いい絵になりそうだったので、ついつい時間をかけ、きっちり描きすぎちゃった。





スキャンして、photoshopのバケツツールでざっくり着色。



nekomimi3.jpg



やはり・・・

なんか漫画っぽい雰囲気になっちゃった。






どうもイマイチだな〜と思い、
「フィルター」とやらを適当にいじくってテクスチャを加え、こんな感じに。



nekomimimama.jpg



どうでしょか?

photoshopは便利だし、いろんな風に変化をつけられて面白いと思うのだけど、
いくらでも直せるが故に、どれが一番いいかわからなくなってくるので困ります。。。






posted by ただゆめこ at 18:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする