2017年11月21日

わきたつ

kokeshisara1.jpg


艶肌の 眠りし皿に 筆とらば
沸き立つこけしの 
嗚呼、いいお顔




絵付け用にと買っておいた白い丸皿。
何年も戸棚にしまったまま、長いこと眠っていましたが、
このたびようやく、絵を施すことができました。

このお皿、普通の平らなものとは違います。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、お皿の中央がまあるくくぼんでいるんですよ。




kokeshisara2.jpg

う〜ん。いいお顔だな〜




posted by ただゆめこ at 16:44| 陶器に絵付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

長いんです。

nagain3.jpg



長いんです。猫の首は。

たぶん、あなたが思っているよりも、
ず〜っと ずっと、長いんです。

びっくりするくらい、
にゅ〜っと、にゅっと、静かに、伸びるんです。

それは、猫と暮らすものだけが知っている、秘密。

「いとをかし」な、秘密です。





posted by ただゆめこ at 02:33| 粘土 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

ひのきで木彫り

kiborim5.jpg



姪っ子ちゃんへの誕生日プレゼント。 今回は、ヒノキの端材を使った木彫りです!

ピアノを頑張ってる姪っ子ちゃんですが、
何やら、生け花も最近ちょこっと始めたらしく、
お花も好きなのか〜と思い、白いお花を抱えてます。

絵の具はたっぷりの水で、うす〜く着色。
洋服の水色が、とってもいい感じで、
わたし好みの、ノスタルジックな仕上がりにできました☆





kiborim2.jpg


裏面には、HAPPY BIRTHDAYの文字を。

ヒノキだからいい匂いがするよ、と言うと、
姪っ子ちゃんはお鼻を近づけて、クンクン・・・・・ 「いいにおい〜!!」
とっても喜んでくれました。





kiborim3.jpg


立体作品は、見る角度や光の加減によって、いろんな表情を見せてくれます。
それを写真にとるのも、楽しみのひとつです。





posted by ただゆめこ at 12:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

やっぱりボールペン!

maikohan.jpg


最近ぜんぜん絵を描いていなかったので、
久しぶりにボールペンで描きました。

以前から、舞妓さんを描きたいなと思っていて、
ちょっと画像検索したら、ものすごい美しいお方を発見!
かなり昔の白黒写真でしたが、思わず、スケッチさせていただきました。

お顔は似てませんが、はんなりとした雰囲気が、なかなかいい感じに描けたかなと思います。






mari.jpg


そしてこっちは、マリー・アントワネットの少女時代の肖像画を参考に。
これもまたお顔は似てませんが、首から肩にかけてのラインが、
描いていて、とてもいい勉強になりました。






bach3b.jpg


そして最後はこちら。音楽の父、バッハです。
ど〜ですか! これは似てるでしょう!!

好きな音楽家の名前をあげるとしたら、まずはバッハです。
なんて、特別詳しいわけではないのだけども、
小学校の時に、小フーガ ト短調(BWV578)を初めて聞いたときは、本当に衝撃的に感動しました。

そしてなんといってもあのお顔が、わたしは好きなのです。
肖像画でしか知らないけども、あの尋常じゃなくキリリとした眉に、
包み込むように慈悲深い、温かなまなざし。

自分で言うのもなんですが、なんとも味わい深い、バッハ様が描けました。

やっぱりボールペン、最高です!





posted by ただゆめこ at 02:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ひたいに首飾り

kubikazari1.jpg



子供のころ、お気に入りの首飾りがありました。
確か、お祭りの屋台で買ってもらった、おもちゃのネックレス。

金色のチェーンの先に、大きな十字架。
赤と透明のガラス玉がきれいに並んでいて、
子供心を、それはもう、キラキラとくすぐるのです。

わたしは毎日のように鏡に向かっては、
その十字架を、首ではなく、おでこのあたりにぶらさげ、
そんな自分を、うっとりと眺めていました。

当時、「1000年女王」というアニメがやっていて、
額を飾るあの赤い冠に、ものすごく憧れを抱いていたのであります・・・


そんなことをふと思い出し、描いた絵です。




posted by ただゆめこ at 05:43| 水彩 ・アクリル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

チョビの夢

chobinoyume.jpg




チョビの夢をみた。


見も知らぬ、どこかの地。

扉を開け、部屋に入ると、
等身大の、ずんぐりとしたチョビの人形が、窓辺に置いてある。

張り子人形のようだ。

ふてぶてしい眼差し。
味わい深い造形に、思わず笑みがこぼれる。


わたしは、それを抱きしめた。

「 あ!!!」

ふわふわの毛並み。やわらかくて、どっしりと、温かい。

生きている!
人形なんかじゃない。これは本当に、本物の、チョビだ!

「チョビ、チョビ・・・!! あぁ、やっと、抱きしめることができた・・・」


わたしは嬉しくてたまらなくて、
力いっぱい、チョビを ぎゅ〜っと、抱きしめた。
強く強く、壊れそうなくらいに。



これは、夢の中の話。
けれど わたしは確かに、この腕で、チョビを抱きしめた。

チョビの温かな命を、わたしは決して、忘れない。







posted by ただゆめこ at 03:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

ならべるこけし

kokeshitachi.jpg



家の大掃除に明け暮れています。
まだまだやるところ、いっぱいです。

写真は、だいぶ前にオーブン陶土で作った小さなこけしたち。
色を塗り直そうかと思っていたけど、
こうして並べてみると、それぞれに愛嬌があってかわいく思える。

やっぱりこれはこれで、このままにしておこう。





posted by ただゆめこ at 16:32| 粘土 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

雨音

amenooto2.jpg



静けさの、底。

眠りつづけるわたしを 呼び起こした

小さな、雨音。

ポツリ、ポツンと、誘われて

天、見上げたならば、

にごった雲の、その先に、

白き光の、あることに、気づく。







posted by ただゆめこ at 07:06| 絵と詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

特別なバラ

baranoko.jpg



去年植えたバラのさし木が、ここまで大きくなった。

「さし木」とは、植物を繁殖させるための方法のひとつ。
ざっくり言うと、増やしたい植物の枝を10cmくらいに切って土に挿し、
そこから新たに発根させる、というものである。

もともと私は、庭木の手入れや草花の世話など、一切してこなかった。
それが今は、毎日この鉢植えをチェックし、
水をやったり、葉に虫がついていないか、日々の観察を怠らない。

それはなぜか。

この2つの苗は、単なる苗ではない。
我が家の庭に、長きにわたって植わっていたバラの老木の「 子供 」なのである。

その老木は、もういない。
去年5月の台風で、根元からグキリと、折れてしまったのだ。
たぶん、樹齢30年くらいにはなっていたと思う。

ほとんど放任で、なんの手入れもしてやらないのに、
毎年時季がくれば、ここにいるよと言わんばかりに見事な花を咲かせ、
私を驚かせてくれる。

そんな健気なバラの木が、台風一過、無残な姿で地面に横たわっていた。
あまりにも、突然のことだった。

世話など何もしてこなかったくせに、私は悔やんだ。
なんにもしてこなかったからこそ、悔やんだ。

このまま終わらせたくない。
なんとかして、このバラの命をつなぎとめたいと、強く思った。


母に頼み、さし木をしてもらう。

老木の枝を、ところどころ10本ほど短く切って、土に挿してはみたものの、
青々としていた枝は、真夏の暑さにだんだんと茶色くなり、
気づけば、残っているのは2本だけ。

もう、ダメかもしれない。
今日こそ、枯れているかもしれない。

毎日、恐る恐る さし木の様子を見に行き、祈るように、水をやり続けた。


2か月くらい、かかったろうか。
古葉を落とし、もはやただの棒切れのようになっていたその枝から、
新芽がひょっこりと顔を出しているのをみつけたときの感動は、
今でも、忘れられない。

それは ひとつの命が、新しい命へと、つながった瞬間だった。

うれしくて、涙がでた。
何かがとけだすように、あふれでた。

命ってすごい。すごいよ。と、
馬鹿みたいに、大泣きした。




台風がくる数日前、老木は、一輪の大きな花を咲かせた。
母が切り花にし、それは父の仏壇へと飾られた。

老木が台風に倒れた後も、残された切り花は、父の仏壇の前で長く咲き続け、
その枝からとったさし木が、写真左の、苗である。


そして右の苗は、私を二度、驚かせてくれている。

小さな5枚葉を3つ出したきり、成長がピタリと止まり、
春になっても微動だにせず、枝が茶色く枯れこんできてしまっていたのだが、
夏に入ってから、一年越しに再び、新しい芽を出してくれたのだ。

なんという、力強さ。

どんな状況にあろうとも、ただ懸命に、生きようとする。
あるがままの命の姿に、心の底から、感動する。





baranokibori.jpg



この感動を、何か形に残しておきたい。
そう思い、久しぶりに木彫りに挑戦した。
新芽を出した時に描いたスケッチをもとに、彫っている。



私はこれまで、たくさんの大切な命を、だめにしてきた。
どんなに頑張っても、祈っても、救うことは一度もできなかった。

そんな私が、初めて、つなぎとめることのできた命。
老木の命が、新しい命へとつながったとき、
私は、バラではなく、自分自身の心が、救われたような気がした。 

それくらい、私にとってこの一連のできごとは、
とても大きな、かけがえのないものとなっている。





posted by ただゆめこ at 06:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

祈るわらべ

inoruwarabe.jpg



オーブン陶土で作った 小さな小さな お人形。

なんだか自分の分身のように思えて、
見るたび ニンマリ、しています。




posted by ただゆめこ at 03:47| 粘土 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

貼り絵でノート(その3)

ne3.jpg



もうひとつ、貼り絵が続きます。
これは姉への誕生日プレゼント。

ブック型ノートのハードカバーに施した貼り絵。
特に、裏表紙が気に入ってます。
青い屋根のお家が、メルヘンチックでとてもかわいいのです!





ne1.jpg


笑顔あふれる、温かな家庭。
何よりも大切な、守るべきもの。

そんなことを思いながら、わたしは一人黙々と、
和紙をペタリ、貼っていく・・・

そうしてできあがった貼り絵は、自分でも驚くほど、
のどかで可愛らしい世界に なっていました。






ne2.jpg


プレゼントを手にした姉は、「ありがとう〜!」と、にっこり笑顔。
貼り絵を撫でるようにみつめながら、
とてもとても、喜んでくれました♪




posted by ただゆめこ at 04:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

貼り絵でノート(その2)

ni6.jpg


貼り絵が続きます。
これは、姪っ子(姉)ちゃんへの誕生日プレゼント。

もとは、ハードカバーのブック型ノート。
表紙から裏表紙にかけて、開くとこんな感じに。




ni1.jpg



姪っ子(姉)ちゃんは、バタフライもできちゃうくらい、泳ぐのが大の得意!!
なので、かわいい人魚姫に変身〜☆

手持ちの和紙が、もう渋めの色合いしかなくて、
できるかな〜?と、ちょっと不安に思いながら作ったんだけども、
ほんのわずか残っていた水色の和紙を、人魚のしっぽにちぎってペタリ。
これがいいアクセントになって、なんとか人魚っぽくできました。





ni3.jpg



海の中というより、池の中みたいな感じになっちゃったけど、
私自身は、こういう色味が好み。 
姪っ子(姉)ちゃんも、「かわいい〜〜〜!」と、すごく喜んでくれました♪





posted by ただゆめこ at 16:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

貼り絵でノート

ha25.jpg



甥っ子ちゃんへの誕生日プレゼント。

今年は貼り絵でいこう、ということで、
今回もブック型ノートの表紙を使って、貼り絵をしました。

和紙ならではの温かみがあります。
和紙、大好きです!




裏表紙はこんな感じ。
お気に入りの青いランドセルを真ん中に。


ha22.jpg



これを見た瞬間、甥っ子ちゃんは 「あ!」と叫び、
目をキラキラさせて、「ありがとう!!」と、大きな声で言ってくれました。

喜んでもらえて、わたしも嬉しい!!
よかった♪よかった♪





ha27.jpg






posted by ただゆめこ at 00:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

愛しき、子。

chittae.jpg



あれから、15年もの月日が経ったなんて、
とても、信じられない。

記憶の果てを、何度も何度も、なぞり起こし、
抱きしめる。

決して、離しは しない。
変わることのない、思い。

わたしの 愛しき、子。




posted by ただゆめこ at 12:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

蝉の声

semi2.jpg



2017年8月15日。正午。

全国戦没者追悼式のテレビ中継をつけながら、
部屋で一人、黙とうをした。

1分間の黙とう。

窓辺に立ち、じっと目をつぶっていると、
蝉の鳴く声が、四方から湧きたつように、
大きく、大きく、耳に響いてくる。

72年前の夏も、蝉たちは きっと、
同じように力強く、一生懸命 鳴いていたに、ちがいない。
そう思ったら、なんだかとても、怖くなった。

「 くりかえしては、ならない。絶対に 」
蝉の声が、そう叫んでいるように、
わたしには、思えた。





posted by ただゆめこ at 03:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする