2019年08月15日

祈菊

inorigiku2019.jpg



檜の端材で作った、白菊の木彫り。

「木を彫る」という行為は、
「祈りを込める」ということに、限りなく近いと思う。


戦後74年。

どんなに時が経っても、過ちの消えることは、決してない。
奪われし命の、その無念を、
私たちは、ひとつとして、忘れてはならない。

抱き続けること。覚悟をもって、背負い続けること。

自分に何ができるのか。何をすべきなのか。
絶えず、問い続けていきたい。






inorigiku2.jpg






posted by ただゆめこ at 15:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

ぬるいトマト

IMG_20190812_234438.jpg

ぶつ切りの トマトが妙に
おいしくて、

ふと甦る 父の姿を、
しみじみ、懐かしく想う。

今日も暑い。 暑い、盆前の夜。




posted by ただゆめこ at 00:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

無垢

bubu11nenme.jpg




ぶーちゃんの死は、苦しみの果てにあった。

長い間、病と闘い、幾度もの検査に耐え、
そして最期は、もがき、苦しみ、息をひきとった。


それなのに、ぶーちゃんの死顔は、
壮絶な苦しみを露とも感じさせないほど、安らかなものだった。

誇らしげに、勇ましく、笑みを浮かべているようにさえ、私には思えた。

ぶーちゃんは本当に強くて、立派な子だった。



その夜、私は自分のベッドに ぶーちゃんを寝かせると、
ひんやりと冷たい体を、そっと優しく撫でながら、
何度も何度も、ぶーちゃんの名を呼び続けた。子守唄のように。

私は、動かぬぶーちゃんと一緒に、眠りについた。



いつの間にか朝がきて、私だけが目覚める。

真っ先にぶーちゃんを確かめると、
ぶーちゃんの顔は、昨日のそれとは、少し違うものに変わっていた。


まるで子猫みたいに、あどけない顔をして、
私の枕もとで、微笑むように、眠っている。

それは私が今までに見たこともないような、
本当に、天使のように愛おしい、無垢な微笑みだった。




あの夏から、11年。

ぶーちゃんの苦しみに最後まで寄り添い、
全身全霊をかけ、自分で看取ることができたこと、

そして、今年も無事に、ぶーちゃんの命日を迎え、供養することができたことに、
私は改めて、心から、感謝したい。






posted by ただゆめこ at 04:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

沈黙の祈り

chinmokunoinori.jpg



計り知れない、無念の思い。

どうして、

なんで、

怒りと悲しみ、ぐるぐると渦を巻き、

祈ることすら、ままならない。

手にした小さな木片を、

削っても削っても、何も変わるはずもなく、

私はただひたすら、重く沈んでいく自分の心を、

じっと、みつめている。






posted by ただゆめこ at 06:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

最近

nekomimi_senga.jpg



最近、こういう感じの絵を黙々と描いております。


A4のコピー用紙に鉛筆で描いた線画。

クロッキーの一環で描いていたのだけども、
いい絵になりそうだったので、ついつい時間をかけ、きっちり描きすぎちゃった。





スキャンして、photoshopのバケツツールでざっくり着色。



nekomimi3.jpg



やはり・・・

なんか漫画っぽい雰囲気になっちゃった。






どうもイマイチだな〜と思い、
「フィルター」とやらを適当にいじくってテクスチャを加え、こんな感じに。



nekomimimama.jpg



どうでしょか?

photoshopは便利だし、いろんな風に変化をつけられて面白いと思うのだけど、
いくらでも直せるが故に、どれが一番いいかわからなくなってくるので困ります。。。






posted by ただゆめこ at 18:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

あじさい家族

ajisaikazoku5.jpg



なんだこの絵は?と思われそうですが、
「あじさい」です。


2年前に植えた、庭のあじさい。
昨年は1つしか花をつけず、ちょっと心配しましたが、
今年はだいぶ成長し、10個くらいの花をつけてくれました。

すべての蕾が、一斉に咲くのではなくて、
花の大きさや咲き具合は、茎ごとにそれぞれ違っています。

毬のように立派なものもあれば、
まだらに咲いてるものがあったり、
ほとんど蕾状態のものがあったり、マチマチです。

なんか、ひとつの家族みたいだな〜と思い、描きました。




この絵を描いたのは、3日前。18日のことです。

その翌日の晩に、山形県沖での大地震が起き、
この絵を使ってブログを更新するかどうか、本当は迷いました。

明日以降、新潟・山形では大気が不安定になるとのこと。
余震の続く中、雨風の影響がとても心配です。


大きな地震が、頻発している。

もっともっと、真剣にならなければならない。
覚悟をもって、生きなければ。

そう思います。




posted by ただゆめこ at 08:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

見てる

chirorin.jpg


黙々とパソコンで作業をしていたときのこと。
そんな私をじっとみつめる、チロのまなざしに気がつきました。

布団からムクリと体を起こし、
微動だにせず、じーっと、じーっと。

ふふふ。かわいいな〜
何を考えてるんだろうな〜

ちょうどペンタブを使っていたので、すかさず描き留めました。
ぎこちない線が、味わい深くていいな〜と思います。




posted by ただゆめこ at 12:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

虹子の詩

watashinoniji.jpg



頭の中が、ぐるぐる、ごちゃごちゃ。

こんがらがって、どうにもなんない。

ああ、もう、お手上げ… と思ったら、

いきおい あまって、バンザイ しちゃった。


とびきり 大きな、でっかい、バンザイ。

そしたら なんだか、うれしくなってきて、

思わず スキップ、しちゃったよ。


「 うひょひょひょ〜〜〜い! 」

ほら見て! 目の前に、小さな虹が でた!


なんてステキ! なんてユカイ!

忘れてたよ。わたしの上にも、ちゃんと空は、あったんだね。


わたしは「虹子」だ。「虹子」になれ!

あるがままの この空を、胸いっぱい、吸い込んで。

わたしは、わたしの虹を、描けばいい。





posted by ただゆめこ at 08:31| 絵と詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

夢桜

yumezakura1.jpg



姉のお友達の誕生日プレゼントに、彫りました。

手のひらでギュッと握れちゃうくらい、小さな小さな木彫りです。



家族以外に自分の木彫りをプレゼントするのは初めてだったので、
大丈夫かな〜、やっぱりやめておこうかな〜と、
長いこと一人モヤモヤ、臆病風と戦っていたのですが、
「やっぱり彫りたい!プレゼントしたい!」 と、一大決心。


実を言うと、最初に彫ったのは、先日の「太陽のお顔」の木彫りだったのですが、

いや〜 いきなりコレもらったら びっくりするだろ〜〜っ!
と思わず自分にツッコミを入れ、プレゼント却下。

そこで次に彫ったのが、この桜の花の木彫り、というわけです。

ちょっとイビツな形をしていますが、私はそこが気に入っています。





yumezakura3.jpg



つるんと滑らかな、整った仕上がりの木彫りよりも、
私はゴツゴツとした、無骨な感じの木彫りが好き。

着色は、木の温もりが感じられるくらいに、さり気なく・・・。

できあがった木彫りを、いろんな角度から眺めては、
いいね〜 いいね〜 と、相変わらず一人で自画自賛してましたが、
「すごく喜んでたよ〜!」と姉伝いに聞き、とても嬉しいです。

喜んでもらえて、よかったよかった!






posted by ただゆめこ at 05:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

太陽のお顔

ohisama_sunsun.jpg



子供のころ、イソップ物語の『北風と太陽』がすごく好きでした。

子供心に、とんちの効いた話だな〜と思いましたが、
私は話の内容そのものよりも、
「北風」と「太陽」に、妙にリアルな、
彫りの深いお顔が描かれているのが、たまらなく好きだったのです。


当時私が読んだ『北風と太陽』は、昭和ならではの絵柄といいますか、
「北風」も「太陽」も「旅人」も、みんな古代彫刻みたいな表情をしていて、とにかくシュール。

「北風」が口をとんがらせながら、
びゅぅぅぅ〜っ!!と、風を吹くシーンを見ては、
毎回無性に、わくわくドキドキしたものです。


そんなわけで、なんとなく、「太陽」を彫ってみました。

次は、「北風」を彫ってみようかな。




posted by ただゆめこ at 19:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

春が呼んでる。

hananira3.jpg



閉めきっていた窓を開け、久しぶりに庭を見下ろした瞬間、私は驚いた。

ハナニラがあちこちで、一斉に、花を咲かせている。


星型の小さな花たち。

まぶしいくらいに、キラキラ。キラキラ。

まるで、笑っているみたい。


いつから、咲いていたのだろう。

この美しさに気づかぬまま、私は闇ばかり、みつめていたのか。

ああ、なんて、もったいない。



「おいで! 早くしないと、行っちゃうよ」


春が、呼んでる。

そうか。そうだった。 春を、追いかけなくちゃ。

急げ。今なら、まだ間に合う。





posted by ただゆめこ at 12:44| 絵と詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

究極のバランス

zetsumyo.jpg



らくがき帳から抜粋。
なんとなく描いた絵は、線が味わい深くていいな〜と思う。





posted by ただゆめこ at 06:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

イラストのダウンロード販売終了のお知らせ

イラストデータのダウンロード販売で利用していた「DLmarket」が、
2019年6月28日をもって、サービス終了することとなりました。

「DLmarket」は、不正アクセスによる個人情報流出により、
2018年11月12日からサービスを一時停止していましたが、
システムの調査およびセキュリティ強化の検討の末、「サービス終了」の決断に至ったとのことです。

「DLmarket」を利用して、私のイラストをダウンロード購入してくださった方は、
「DLmarket」から、サービス終了の連絡メールが届いているかと思います。

過去に「DLmarket」で購入されたイラストデータの再ダウンロードについては、
メールによる本人確認が必要となりますので、
「DLmarket」の専用フォームから、お早めにお申込みいただければと思います。
(2019年6月28日12時までの受付となっています)

【DLmarket】購入商品の再ダウンロードに関する問い合わせフォーム

「DLmarket」におけるサービス終了に関するお知らせ



※イラストのデータ販売について
他サービス等を利用して、イラストをデータ販売する予定は、現在のところありません。


突然のお知らせで恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。





posted by ただゆめこ at 18:20| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

木彫り合掌

inorizou.jpg



小さな木片を、彫刻刀で黙々と彫っていると、
あっという間に、時間が過ぎてしまいます。

「彫る」というのは、力のいる作業なのに、
彫り進めていくほど、心は静まっていくのだから不思議です。

自我から解放されるような感じ…とでも言いましょうか。

ほんのひととき、無心になれる気がします。






posted by ただゆめこ at 04:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

スケッチ

ooarikui.jpg


NHKの深夜から明け方にかけて放送されている「映像散歩」が好きです。

四季折々の美しい景色とか、大自然に生きる動物の姿とか、
貴重な映像が、いろいろ流れます。

余計なナレーションは一切なく、BGMだけなのが非常にいい!
絶対、おすすめです。



実は、「映像散歩」で見た情景に触発され、
「オオアリクイ」と「タテゴトアザラシ」の親子を描きたいと、
ず〜っと前から、そう思っているのだけども、
スケッチ止まりで、気づけばもう、5年もの月日が経ってしまっています。





tategotoazarashi.jpg


スケッチは、あくまでもスケッチなので、
自分が描きたいイメージは、また別にあるのです。
いいかげん、形にしないとな。





posted by ただゆめこ at 19:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする