2019年04月11日

太陽のお顔

ohisama_sunsun.jpg



子供のころ、イソップ物語の『北風と太陽』がすごく好きでした。

子供心に、とんちの効いた話だな〜と思いましたが、
私は話の内容そのものよりも、
「北風」と「太陽」に、妙にリアルな、
彫りの深いお顔が描かれているのが、たまらなく好きだったのです。


当時私が読んだ『北風と太陽』は、昭和ならではの絵柄といいますか、
「北風」も「太陽」も「旅人」も、みんな古代彫刻みたいな表情をしていて、とにかくシュール。

「北風」が口をとんがらせながら、
びゅぅぅぅ〜っ!!と、風を吹くシーンを見ては、
毎回無性に、わくわくドキドキしたものです。


そんなわけで、なんとなく、「太陽」を彫ってみました。

次は、「北風」を彫ってみようかな。




posted by ただゆめこ at 19:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

春が呼んでる。

hananira3.jpg



閉めきっていた窓を開け、久しぶりに庭を見下ろした瞬間、私は驚いた。

ハナニラがあちこちで、一斉に、花を咲かせている。


星型の小さな花たち。

まぶしいくらいに、キラキラ。キラキラ。

まるで、笑っているみたい。


いつから、咲いていたのだろう。

この美しさに気づかぬまま、私は闇ばかり、みつめていたのか。

ああ、なんて、もったいない。



「おいで! 早くしないと、行っちゃうよ」


春が、呼んでる。

そうか。そうだった。 春を、追いかけなくちゃ。

急げ。今なら、まだ間に合う。





posted by ただゆめこ at 12:44| 絵と詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

究極のバランス

zetsumyo.jpg



らくがき帳から抜粋。
なんとなく描いた絵は、線が味わい深くていいな〜と思う。





posted by ただゆめこ at 06:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

イラストのダウンロード販売終了のお知らせ

イラストデータのダウンロード販売で利用していた「DLmarket」が、
2019年6月28日をもって、サービス終了することとなりました。

「DLmarket」は、不正アクセスによる個人情報流出により、
2018年11月12日からサービスを一時停止していましたが、
システムの調査およびセキュリティ強化の検討の末、「サービス終了」の決断に至ったとのことです。

「DLmarket」を利用して、私のイラストをダウンロード購入してくださった方は、
「DLmarket」から、サービス終了の連絡メールが届いているかと思います。

過去に「DLmarket」で購入されたイラストデータの再ダウンロードについては、
メールによる本人確認が必要となりますので、
「DLmarket」の専用フォームから、お早めにお申込みいただければと思います。
(2019年6月28日12時までの受付となっています)

【DLmarket】購入商品の再ダウンロードに関する問い合わせフォーム

「DLmarket」におけるサービス終了に関するお知らせ



※イラストのデータ販売について
他サービス等を利用して、イラストをデータ販売する予定は、現在のところありません。


突然のお知らせで恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。





posted by ただゆめこ at 18:20| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

木彫り合掌

inorizou.jpg



小さな木片を、彫刻刀で黙々と彫っていると、
あっという間に、時間が過ぎてしまいます。

「彫る」というのは、力のいる作業なのに、
彫り進めていくほど、心は静まっていくのだから不思議です。

自我から解放されるような感じ…とでも言いましょうか。

ほんのひととき、無心になれる気がします。






posted by ただゆめこ at 04:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

スケッチ

ooarikui.jpg


NHKの深夜から明け方にかけて放送されている「映像散歩」が好きです。

四季折々の美しい景色とか、大自然に生きる動物の姿とか、
貴重な映像が、いろいろ流れます。

余計なナレーションは一切なく、BGMだけなのが非常にいい!
絶対、おすすめです。



実は、「映像散歩」で見た情景に触発され、
「オオアリクイ」と「タテゴトアザラシ」の親子を描きたいと、
ず〜っと前から、そう思っているのだけども、
スケッチ止まりで、気づけばもう、5年もの月日が経ってしまっています。





tategotoazarashi.jpg


スケッチは、あくまでもスケッチなので、
自分が描きたいイメージは、また別にあるのです。
いいかげん、形にしないとな。





posted by ただゆめこ at 19:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

証(あかし)

akashi.jpg



数年前に描いた、小さな絵。

描いた絵は、どれも私にとって大切な宝物だけど、
これはその中でも、特別な一枚。

描いては塗りつぶし、描いては塗りつぶし、
ふっと、姿を現した。



パソコンではなく、絵の具で絵を描くようになった当初、
自分が描きたいのは、「命」というものだな……と、
そんなふうに、漠然と思っていた。


でも、それは 違かった。


私が、本当に描きたいのは、
自分自身の中にある、「せつなさ」なのだと。

最近になって、ようやく、そのことに気がついた。


もしも、感情というものに、色があったなら、
私の目に、いちばん美しく映るのは、「せつなさ」だ。


私は、絵が好きで好きでたまらなくて、それで絵を描いているのではない。
そんな健全な人間では、まったくない。

私が絵を描くのは、
絵の中に、自分の想いを、留めておくためだ。



生まれた命は、必ず、終わりを迎える。

今日の真実が、明日もそうだとは、限らない。

この世のすべては、とめどなく、流れる。

変わらぬものなど、ありはしない。

それでも人は、「永遠」を求めずには、いられない。
ひどく弱い、生き物だ。


だから私は、絵の中に、「永遠」を求める。
変わらぬ想いが、ここにあるのだと。

描くことは、その証。






posted by ただゆめこ at 08:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

かたまり

katamari.jpg



まっしろい かたまりが、

わたしを じっと、 じっと、

みつめて いる。


なんて、慈悲深い 目を してるの。

すいこま れる。

すいこまれて ゆく。


たとえ、100万本の 腕が あったとしても、

その 愛しさを 抱きしめるには、

ぜんぜん、足りない。


ああ、まるで、キセキ。

キセキの、かたまり。


ここに、いる。

間違いなく、存在、している。


すべてが、かけがえのない、

瞬間という、かたまり。






posted by ただゆめこ at 07:23| 絵と詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

寒いけど、あったかい。

attakainya3.jpg



鉛筆でなんとなく描いた絵が、思いのほか気に入ってしまうことが多々あって、
そんなとき、それをどうするか、私は迷います。

そのまま色を塗るか、もっと大きな紙に新たに描き直すか。
木彫りにするのもいいし、版画もいい……
う〜ん。やっぱり粘土で立体にしようかな〜

あれもこれもと選択肢が出てきて、なかなか判断がつかない。
自分の好きなようにすればいいだけなのに、
妙に、慎重になってしまうのです。

たいていの場合、「とりあえず、これはこれでいっか…」と、
保留状態が、長きにわたって続きます。

まさにこの絵もそうで、何もせず放置すること数年。

たまに見返しては、一人にんまりしていたのだけども、
この間、姪っ子の絵本作りで水彩を使った時に、
よし!塗ってみよう!と思い立ち、色をつけてみました。

うん。うん。
と、思わず自分に うなづく。

色塗って、よかった。
ちょっぴり、あったかい気持ちになれました。




posted by ただゆめこ at 07:40| 水彩 ・アクリル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

お返事ミカちゃん

mikachan-nya.jpg


名前を呼ぶと、ミカちゃんは必ず「ニャッ」と、返事をしてくれる。

お返事するミカちゃんの顔は、まるで笑っているみたいだ。



いつの頃からか、私が口をふくらませて、「ぶっ」と破裂音をだすと、
名前以上に、やたらと反応するようになった。




mikachan-bu2.jpg



私が「ぶっ」とやると、ミカちゃんが「ニャ!」と笑顔で答える。

「ぶっぶっぶっ…!」とやれば、

「ニャニャンニャ! ニャニャニャッ!」と返ってくる。

奇妙な会話は、とめどがない。
「ぶ」と「ニャ」は、引き寄せあうかのごとく、様々に呼応するのだ。




そんなミカちゃんの「ニャ」は、実に律儀である。

じっと丸まって眠っているのかと思いきや、
ささやくように「ぶっ」とやると、目をつぶったまま「ニャ」と言うもんだから、
こりゃたまらない。




mikachan-bu3.jpg



聞こえないくらいの、小さな小さな「ぶっ」なのに、
どうにもこうにも、反応せずにはいられないようだ。

ああ、かわいい、かわいい。
なんてかわいい、お返事ミカちゃん。





posted by ただゆめこ at 07:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

web絵本『まなちゃんのピアノ』

manachannopiano_ehon.jpg

『まなちゃんのピアノ』 ただゆめこ



下の姪っ子の誕生日プレゼントに、絵本を描きました。

実は、肝心の誕生日は、とっくに過ぎています。

あろうことか、日にちを間違えてしまったのです。

誕生日に間に合わなかった手前、
生半可なプレゼントをあげるわけにはいかないな〜と悩んでいるうちに、
さらに月日が経ち……

そうだ!絵本を描いてあげよう!と、
昨年暮れに、ようやく思い立った次第です。

下の姪っ子ちゃんはピアノを頑張ってるので、ピアノを取り入れたストーリーに。
私自身もピアノが好きなので、
絵本の構想は、わりとスムーズにいきました。


絵は、水彩絵の具で描いています。
絵の具を使って絵本を描いたのは、これが初めて。

アクリル絵の具にするか、水彩絵の具にするか迷いましたが、
のびのび自由気ままな感じに、さらっと描きたかったので、水彩を選びました。


今までは、色がガシガシ塗れて、いくらでも直しのきくアクリル絵の具のほうが
自分には合ってると思っていたのですが、
今回、絵本1冊分の絵を水彩で描いてみて、その手軽さと楽しさを実感。

絵の具の粒子が水に流れていく感じといいますか、
一期一会的な色の偶然性は、やっぱり水彩ならではの醍醐味だな〜と思います。


ちなみに、絵本を見た姪っ子が口にした言葉は、「すごい……」の一言。
喜ぶというよりも、なんだか驚いた様子でした。

この絵本、姪っ子の心にはどう映ったのかな〜と思いつつも、
私自身は、むちゃくちゃ気に入っております!
絵本の中にいるのは、姪っ子というよりも、私自身だと言ったほうがいいかもしれません。


★★★ 絵本は、【 絵本ひろば 】というサイトで公開しています ★★★
ちょうどコンテストが開催されていたので、参加してみました。
一人でも多くの人に読んでみてもらえたら、嬉しいです。

『まなちゃんのピアノ』 ただゆめこ



posted by ただゆめこ at 05:40| 絵本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

謹賀新年2019

nenga2019.jpg



年末のご挨拶ができないまま、新年となってしまいました。

今年こそは頑張る! そう誓ったのが、ついこの間のことのように、
気がつけば、もう2019年。

昨年の暮れは何かと慌ただしく、
母が人生初の手術を受けたりなど、いろいろありましたが、
こうして無事、新年を迎えられたことに感謝しています。

今年は亥年。
猪突猛進するくらいの勢いで、もっともっと必死になって、頑張りたいです。




posted by ただゆめこ at 04:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

「DLmarket」の個人情報流出の件について

10月下旬に、ダウンロード販売サイト「DLmarket」の個人情報流出についてお知らせしましたが、
12月25日、その事案について再び「DLmarket」からメールが届きました。

不正アクセスが発覚した最初の発表では、
「流出した可能性のある情報は、メールアドレス/氏名/会員IDのみ」とのことでしたが、
調査の結果、クレジットカード情報の一部が流出した可能性のあることが判明した。とのこと。

まさか、2か月も経ってから
こんな連絡がくるとは思ってもいなかったので、
非常にショックです。

個人情報が流出しただけでも不安なのに、
クレジットカード情報まで含まれている可能性があるだなんて、
これは非常に深刻な問題だと思います。


「DLmarket」のサイトを確認したところ、
カード情報流出の懸念があることがわかったのが、2018年11月12日。
この時点で、「DLmarket」はカード決済およびサイトを停止しています。

問題となっているのが、
2018年10月17日22時05分から2018年11月12日21時50分という期間。

この期間内に、クレジットカード決済ページにクレジットカード番号を入力された方が
カード情報の漏洩の可能性があるとのことです。


「DLmarket」を利用したことのある方は、
今回の事案についてのメールが、「DLmarket」から届いているかと思います。

私のイラストを気に入ってご購入くださった方が、
もしも被害に遭われていたらと思うと、心苦しくてなりません。

下記ページに、今回の個人情報流出についての詳細が記載されていますので、
今一度、しっかり確認しておいていただきたいです。
ご迷惑とご面倒をお掛けしますが、どうか、よろしくお願いいたします。

「DLmarket」不正アクセスによる個人情報流出に関するご報告とお詫び




posted by ただゆめこ at 00:45| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

くるくるオレンジのかつら山

orangeyama.jpg



私にしてはめずらしく、ちょっとおしゃれな感じの絵ができました。

色画用紙に描いた絵を、Photoshopで適当にいじって加工したものです。






orangemoto2.jpg


ちなみにもとの絵はこんな感じ。

Photoshopで加工するのは楽しくもあり、ちょっとくやしくもある・・・。
お遊び程度にいじる分にはいいかな。




なぜこんな絵を描いたかといいますと、この間、夢の中で、とある芸人さんが、
くるくるオレンジの巨大なかつらをかぶってステージに立っていたのです。

そして、赤いワンピース。
なんというか、ミュージカルのアニーと魔法使いサリーちゃんを
足して2倍したような感じといいましょうか。

顔が白くて、オレンジ色のかつらが映えること! 
実際にやったら、絶対面白いと思うんだけどな〜

本人に伝える術もないので、お絵かきして自己満足した次第です。





posted by ただゆめこ at 17:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

テレちゃんの階段

terekaidan.jpg



自宅二階の一室が、テレちゃん専用の部屋だった。

テレちゃんは、もともとは野良である。
先住猫のミカちゃんと仲良くなれるまでは、ある程度、部屋を分けておく必要があった。


外で自由気ままに暮らしていたテレちゃんにとって、
閉ざされた家の中で生きることは、相当なストレスとなる。
私はせめて少しでも、テレちゃんに良い環境を与えてあげたかった。

二階の一室だけでなく、
もっと自由に家の中を歩き回れるようにしなければ……。

そんなわけで、一階をテレちゃん、二階をチロ&ミカちゃんの生活スペースにしようと考えた。



ところが、テレちゃんを抱っこして強制的に一階のリビングに連れてきても、
すぐに二階の自分の部屋に戻って行ってしまう。

一階の部屋は、まだ未知の場所。怖いのだろう。

私は、テレちゃんが自分から階下に降りてくるのを待つことにした。
焦りは禁物なのだ。



けれど数か月が過ぎても、
テレちゃんの生活ベースは、相変わらず二階の一室のままだった。

みんなが寝静まった頃に、こっそり降りてきて
リビングのコタツに入っていたりすることはあるものの、
そうでないときは、階段の影から、一階の様子を静かにうかがっている。


一階と二階をつなぐ階段が、テレちゃんのボーダーラインになっていた。

「テレちゃん、こっちおいで〜」と優しく言っても、降りてこない。
階段の真ん中で、じっと私の顔をみつめている。
白熱灯のオレンジの灯りの下で、テレちゃんの瞳はまあるく黒目を帯び、
ますます愛おしく思えた。




そんなテレちゃんが、亡くなる前日の夜、
初めて、自分から一階のリビングへとやってきた。

とても驚いたし、うれしかった。本当に。
自発的に来てくれるのを、ずっと待っていたから。

ちょうど焼き魚があったので、その身をほぐし、テレちゃんに差し出すと、
テレちゃんは私の指にしゃぶりつくようにして、
ハグハグと、勢いよく食べてくれた。


本当のことを言うと、テレちゃんは長い間、酷い口内炎に苦しまされていた。

手作り食をペースト状にして与えたり、サプリメントをあげてみたり、
マヌカハニーや熊笹、いろんなことを試したけれど、
大きな効果はなかなか得られない。

頼みの綱のステロイドも、あまり効いているようには思えなかった。

そんなテレちゃんが、痛み声をあげることなく、
私の目の前で、おいしそうに魚を食べている。

これは本当に、心底うれしかった。

テレちゃんはきっと良くなる。絶対、元気になってくれる……。
私は、疑いのない希望を感じていた。

テレちゃんが次の日 死んでしまうなんて、
私は、これっぽっちも思ってなどいなかったのだ。
まったく。微塵たりとも。


今考えれば、これはテレちゃんの「お別れのあいさつ」だったのだろうと思う。
テレちゃんは最後の夜を、私と一緒に過ごしてくれたのだ。

明け方までテレちゃんは、ずっとコタツに入っていた。
徹夜する私の足元で、甘えたような顔をして、幸せそうに、丸くなっていた。



思い返したなら、ぶーちゃんのときも、そうだった。
亡くなる前日の朝、私の枕元にとびのってきたのだ。

そんな動きなどできないほど、日に日に弱っていくばかりだったから、
ぶーちゃんが、久しぶりに甘えてきてくれて、とても嬉しかったのを覚えている。

このときも私は、これならきっとぶーちゃんは大丈夫だと、
必ずまたきっと良くなってくれると、かすかな希望を抱いていた……。



階段をのぼるテレちゃんの姿。
ずっと描きたいと思っていた。
けど、なかなかできずにいた。

五年目を迎えた今。やっと描きとどめることができてうれしい。


私にはまだまだ、描きたい絵がある。
描いておかなければならない。もっと。もっと。





posted by ただゆめこ at 15:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする