2018年09月19日

「陽」となれ!

yotonare2.jpg



日曜の夜のこと。

テレビのリモコンで番組表を見ていたら、
TVKで「フィッシュストーリー」という映画がやっていて、
他に観たい番組もなかったので、試しに観てみました。


・・・なんてことっ!
いい! すごくいい!! ものすごく、よかった!!!

ユーモア冴える、独特のちょっと奇妙な空気感。
記憶の中を覗きみるような、どこか切なくて、それでいてあったかい感じ。

複数の断片的なストーリーが、ひとつの未来へと一気につながっていくラストは、
清々しいほど気持ちが良く、なんだか嬉しくなりました。




ありとあらゆる出来事が複雑に絡み合って、現在(いま)ができている。

良いこともあれば、もちろん悪いこともあるけれど、
それが最終的に何をもたらすのか、「陽」となるか「陰」となるか、
その本当のところは、そのときになってみなければ、誰にもわからない。

そうであるならば、たとえどんなにつらいことがあったとしても、
いつかはそれが、めぐりめぐって「陽」につながるのだと、
そう信じて日々を過ごした方が、ずっとずっと、いいに決まってる・・・。

この映画は、ネガティブな私さえも、そう思わせてくれました。

劇中の歌もよかった。詞もよかった。ほんと、観てよかった!
心地の良い希望のようなものが、不思議と胸に残ります。そんな映画です。

同じ監督の映画が次の日曜にもまたやるみたいなんで、それもぜひ観ようと思います♪





posted by ただゆめこ at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする