2018年11月26日

らくがきの変貌

ame2.jpg



らくがき帳に なんとなく描いた絵が、結構気に入ったりするときがある。


そんな絵は スキャンしておいて、
ときどきPhotoshopで ちょこっと色をつけたりなんかする。

そうすると、また違った雰囲気になって、なかなかおもしろい。




ameame2.jpg



どっちがいいかな〜、
う〜ん…、やっぱボールペンが好きなんだよな〜と、
誰に聞かれるわけでもないのに、勝手に一人で悩んでいたりする。







posted by ただゆめこ at 06:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

すぐそばに。

itsudemosobani.jpg



部屋の一角に、大切な写真が飾ってあります。

チッタとぶーちゃん、そして、テレちゃんとチョビの写真。

毎日必ず、一度は手を合わせます。


10月に入り、秋めいてきたある日のこと。

ものすごく嬉しいことがあって、
わたしはみんなの写真に手を合わせながら、お礼の報告をしていました。


カーテン越しの柔らかな日差しの中。

静けさを抱えるように、一人写真と向き合っていると、
何とも言えない、厳かな気持ちになります。

わたしは いつも以上にゆっくりと、
感謝の思いをこめて、愛猫たちの写真をみつめていました。



2枚の写真が、木製のシンプルなフレームに、それぞれ入っています。

羽毛布団の中から顔を出してるぶーちゃんと、
その横でゴジラみたいな顔してあくびしてるチッタ。

小雪のちらつく日。ダンボール箱の中で、仲良く暖をとるテレちゃんとチョビ。

ふふふ。 本当に、いい写真だなぁ・・・


愛おしむように、カメラ目線のテレちゃんのお顔を、
じーっと みつめていた、そのときでした。

写真の中のテレちゃんが、突然リアルに、浮き上がって見えてきたのです。

テレちゃんだけじゃありません。チョビもチッタも、ぶーちゃんも!

わたしの目には、写真なんかじゃ、ない。
鮮やかな命が、そこにそのまま生きているかのように、思えました。

なんと言ったらいいのか。

写真の枠の中に異空間が広がっていて、そこで今も変わらず生き続けているような、
それを見ているような、そんな感じです。


その瞬間、無性に涙がこみあげてきました。

あぁ、わたしは、守られている。
こんなにも、守られているのだ。

そう思ったのです。

うまく言えないけれど、ひとつの喜びの中に、一緒にいるような気がしました。
生と死を越えて、再び会えたような。 同じ魂を、共有しているような。


わたしたちは、こんなにもすぐそばにいるのだ。
いつだって。
心から、そう思えた瞬間でした。

とても、とても、不思議な感覚でした。






posted by ただゆめこ at 01:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

あふれる愛

afureruai1.jpg


姉への誕生日プレゼント。今年は木彫りです。


「あふれる愛」で、これからも温かな家庭を守っていってほしい
という願いをこめて。







afureruai2.jpg


これまでの木彫り作品は、茶系で木を地塗りしてたのですが、
今回は、ハートを淡いピンク色にしたいなと思ったので、
地塗りは白にして、着色しました。

やっぱり地の色が違うと仕上がりも全然変わってきます。
なかなかいい感じの色味。結構透明感があり、木目もよく見えます。







afureruai3.jpg


すごくかわいい! と、今年も無事、喜んでもらえました。
よかった、よかった♪





posted by ただゆめこ at 02:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする