2010年07月07日

陶器に絵付け

etsuke1.jpg


初チャレンジ! 陶器に絵付けをしました。

使用している絵の具は、「ポーセレン150」
水性無害の絵の具で、家庭用のオーブンで焼成できます。


刺繍練習と並行して、先月から絵付け作業をしてるんですが、
なんとま〜難しい!

絵の具そのものはとてもきれいな発色なんだけど、
自分の意図するように色を塗ることがなかなかできなくて、苦戦しています。

ツルツルの陶器に絵の具を塗るため、
普通に筆を運ぶと、絵の具が上手く陶器にのってくれないんですよね。

なので、塗るというより、絵の具をのせるような感じで描くことになるんですが、
どうしても絵の具の量が多くなりがちで、
そうすると絵の具が多いぶん、気泡が出やすい。。。

特に、色を混ぜるときなんかは、
気をつけないと泡がすぐ発生しちゃうし、
私は混色して使うことがほとんどなので、この気泡はホント厄介です!

気泡が出てしまったときは、そのミクロな泡を、針で一つ一つ丁寧につぶすんですが、
それでも消えてくれない頑強なヤツがいて困ります。


この絵の具は、乾く前ならいくらでも洗い流せるので、
描いては消し、描いては消しの繰り返し。。。

「がーーーー!!! ぜんっぜんダメ!」
と、半ばヤケクソで描いたのが、このキリンさんです。


ki1.jpg


あれ? こうしてみると、結構かわいいかも〜♪



さて、次はこちら。
白い陶器のティッシュケースに、さくらんぼの模様をつけました☆
さくらんぼの茎や、細い文字は、楊枝の先端で描いてます。
筆より楊枝のほうが なんか描きやすいな〜


che2.jpg

写真ではわかりにくいけど、ポケットティッシュ用のケースなんですよ。珍しいでしょぅ?
絵付けのために、白い陶器をいろいろ購入してみたんですが、
これ、とってもかわいいです☆



hasi1.jpg

これは箸置き☆ う〜ん、イマイチ。



絵を描くのも難しいけど、オーブンの温度管理も難しい。
オーブン用の温度計をちゃんと使ってるんだけど、
小さなオーブンレンジなのに、置く場所によって温度が違うのよね。
温度が高すぎたり、長く入れすぎたりすると
せっかくの絵の具が変色しちゃうのです。

失敗を重ねながら、地道に頑張るか〜



ところで、
我が家のミカちゃん、まだシャーシャー言ってるの〜!
チロはミカちゃんと仲良くしたがってるのに。。。後ろ姿がしょんぼりしてるよ。。


shonbori...jpg




posted by ただゆめこ at 19:02| 陶器に絵付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする