2019年03月25日

木彫り合掌

inorizou.jpg



小さな木片を、彫刻刀で黙々と彫っていると、
あっという間に、時間が過ぎてしまいます。

「彫る」というのは、力のいる作業なのに、
彫り進めていくほど、心は静まっていくのだから不思議です。

自我から解放されるような感じ…とでも言いましょうか。

ほんのひととき、無心になれる気がします。






posted by ただゆめこ at 04:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする