2019年11月15日

ひざの上の風物詩

hizanoueno_mugyu.jpg


秋も深まり、だいぶ寒くなってきました。

座椅子に座り、ひざにコタツ布団を被せると、
チロが待ってましたと言わんばかりに、上に乗っかってきます。

すると、ミカちゃんも負けじとチロの上によじ登り、
わずかなスペースに、体をムギュムギュ〜っと、うずめます。


ああ、今年も現れた。ひざの上に、白と黒の 巨大なお饅頭。

ぴったりと行儀よくくっついて、じ〜っとしている。
なんともユーモラスで、愛おしい・・・。


とは言うものの、その重さは合計9キロ強。

さすがに何時間も乗っかっていられると、足はビリビリ、しびれまくり。
結構、しんどかったりなんかする。



そうか・・・

「愛」というのは、ときに重たくて、ちょっぴり煩わしくもあり、
だけど、常に、あったかい・・・。

なんて、思ったりなんかして。




posted by ただゆめこ at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする