tere2019_idaku.jpg



こんなにも、愛おしい

唯一無二の 温もりを、

永遠(とわ)に抱くことを 許された 私は、

計り知れないほど 罪深く、

その苦しみに、何度 圧し潰されようとも、

心底、幸せであると 思う。








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。