2017年04月01日

にじいろのとり、みつけた。

nijitori.jpg



にじいろのとりが、わたしの心に、魔法をかけた。

震えるほどに きらめいて、

頑なな 悲しみさえも、愛おしく 色を変える。

こんなふうに思えるときが、くるなんて。

それだけでいい。

それだけで、こんなにも、しあわせ。

わたしは みつけた。にじいろのとりを。

終わらない夢。

大切な大切な、わたしの宝物。




posted by ただゆめこ at 23:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

夢中。

mitumeru5.jpg



遅ればせながら、ドラマ「嘘の戦争」、最高です!
先々週終わってしまいましたが、未だ興奮冷めやらず、
録画してあるので、毎日のように観ています。

4話あたりまでは、ちょっと期待しすぎたかな?なんて思ったときもあったけど、
7話以降のヒリヒリとした緊迫感、驚くような展開と盛り上がりは爆発的に素晴らしく、
最終話まで、燃え上がるように一気に走り抜けたというか、
ハラハラドキドキ、最後まで本当に楽しませていただきました。

脚本の面白さもさることながら、それ以上に、
草gくんの演技が、本当に本当に、すごかった!!
観た人なら、きっと誰もがそう思ったはず。

もはやこれは演技を通り越して、役がのりうつってるとでも言うんでしょうか?
適した言葉がみつからないほどに、とにかくすごい。すごすぎる。

理屈ではない、本物の感情で生み出された無垢な演技。
心に突き刺さるような「魅せる演技」というものが、    
自分の感覚で、本能的にできてしまう人なんだなと思いました。

ものすごく熱いものを秘めているのに、どこか涼しげで、心地いい。
その天才的な才能に、心底、惚れ惚れ・・・です。


素晴らしい作品に出会えた時、本当にうれしくなります。
心の中で何かが沸き立つように、強く強く、励まされる。

私も頑張らなきゃ。頑張ろう!って。
そう思います。




posted by ただゆめこ at 11:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

I Love ボールペン。

bopen1.jpg


ボールペンが好き。それも水性ではなく、油性のもの。

ほんの少し、ねっとりした感じの、滑らかな描き心地。
角度や筆圧を変えれば、意外といろんな線が描けるし、
ペン先にたまったインクが、ときどきべたっと紙について、
それがまた何とも言えない、いい味わいになったりする。

もっぱらよく描くのは、愛猫を抱いている姿。
そして、こけし。



bopen3.jpg



落書き気分で描き始める。
鉛筆だったら消して直してしまうような線も、
そのまま気にせず、ゴリゴリ描き続ける。

そうして出来上がった絵には、純粋な勢いがある。
整った絵とは言えないだろうが、不思議と味のある、いい絵になっていたりする。




bopen4.jpg




posted by ただゆめこ at 07:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

夏の終わりに

16obon1.jpg

愛猫チッタ、テレちゃん、ぶーちゃんの粘土人形。
チロのお尻の隣で仲良く並んでおります♪

ぶーちゃんの命日が過ぎ、お盆が過ぎ、
そしてチッタの命日が過ぎ、
あっという間にもう9月です。

ぶーちゃんとチッタの命日が過ぎると、
私の中では、夏が終わったような気持ちになります。




16obon2.jpg

あんなに小さかったミカちゃんも、気づけばもう7歳。チロは推定9歳に。
いつの間にか、中高齢期に突入です。

物凄い甘えん坊でいたずらっ子なので、
なんだかいつまでも子猫のような気持ちでいましたが、 
時は止まることなく、確実に流れているんですよね・・・

自分自身だって、これからどうなるかわからない。
いつ何が起こるかなんて、誰にもわからない。

一緒に過ごせる「今」という瞬間を、もっともっと大事にしなくちゃ。
改めて、そう思いました。



posted by ただゆめこ at 04:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

アナログ絵のデータ化

booktest1.jpg


かなりのお久しぶりです・・・

「製本直送.com」というオンデマンド製本サービスがありまして、
以前からずっと気になっていたのですが、
最近ようやく、試しに作ってみようという気持ちが固まり、
今いろいろ準備しています。

絵の制作を、デジタルからアナログに移行したことで、
原画をいかにデータ化するかということが重要になってくるわけですが、
スキャニングにしろ複写にしろ、業者に頼むと高額になってしまうし、
やはり自分でなんとかするしかありません。

水彩画などのスキャンで一番気になるのは
紙の波うちで生じる影じゃないでしょうか?
水張りしてから描けばいいんでしょうが、私は面倒くさいのでほとんどしません。
使う紙も安価な薄いものなので、紙がメラメラ、たわみまくりです。

とりあえず、家庭用スキャナで取り込んだ画像をPhotoshopのElementsで
適当にレベル補正して黒い影をとばして、
それだけだとコントラストが強すぎて水彩の柔らかい感じがなくなってしまうので、
フィルター加工でちょっとだけノイズをつけてみました。


booktest2.jpg


どうでしょね?
原画とは異なる仕上がりにはなってしまうけど、
わら半紙に描いたみたいな感じで、これはこれで私は気に入っています。

原画に忠実にしたいなら、デジカメ+三脚+自然光で撮ったほうが
いい結果が得られるかもしれないな・・・。


そもそもデータがRGBなので、色味の沈下は避けられないかもしれませんが、
デジカメや家庭用スキャナのデータで、どの程度の印刷結果が得られるのか、
まずは確認してみたいと思います。


posted by ただゆめこ at 20:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

私のテレちゃん

stayeme.jpg


想いつづけることが、
ただひとつの、心の支え。

ずっとずっと、一緒だから。




posted by ただゆめこ at 03:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

ピアノの調べ

pianogirlcolor.jpg


久しぶりにArtRage3で描きました。

やっと描けた、そんな感じです。

この絵から、もう一度がんばります。




posted by ただゆめこ at 09:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

父に誓う

isaoangel.jpg


2月6日、父が他界しました。

4ヶ月が経とうとしているのに、気持ちは重く沈んだまま。
あれやこれやと、つらい記憶をほじくりかえしては、
どうして、なんでと、悔いばかりが頭の中をぐるぐる渦巻いて
まったく前に進めていない。

この先、何をどんなに頑張っても
父はもう、かえってこない。
自分を許せる日など、決してこないのだ。

そう思うと、何もかもが無意味に思えて、
何もする気になれませんでした。

今度こそ本当に、自分はもう、だめかもしれない。
そんなふうに思う日々がずっと続いて、続いて続いて、もう嫌になるくらい続いて、
でもやっぱ、このままじゃいけないんだというのは誰よりもわかってて。

父の訃報をブログに書くことは、新しいスタートを自分自身に宣言することだと思ってました。
だから、なかなか書けませんでした。 

小さな一歩だけど、やっと少し踏み出せた気がします。
また、がんばります。




posted by ただゆめこ at 06:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

ふいてもふいても・・・

huitemo2.jpg


12月も半ばだというのに、掃除する気ゼロです。
最近は時間さえあれば、ピアノを弾いています。

子どもの頃7年ほどピアノを習ってて、やめてからは本当に極たま〜に弾く程度でしたが、
今、毎日のように弾いてます。

この間たまたまYouTubeみてたら、ピアノでジブリメドレーをものすごく素敵に弾いてる人がいて、
かなり感化されましたね〜
こんなふうに弾けたら気持ちいいだろうな〜って。

毎日疲れちゃって、なかなか絵を描く気にもなれなくて、
どうしようもなくイライラしてる日が続いてたんだけど、
ピアノ弾くようになったら、すごく気持ちが楽になりました。

ピアノは練習すればしただけ、その成果が自分なりに実感できるのが嬉しいですね。
子どもの頃、もっと一生懸命やっておけばよかったな〜なんて思ったりもしますが。

今年も残りあとわずか。
ピアノでうまく気分転換しながら、頑張りたいと思います。



posted by ただゆめこ at 18:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

ドラマに夢中

mainichi3.jpg


放送は終わってしまいましたが、
NHKの土曜ドラマ「ボーダーライン」に夢中です。
新人消防士が成長していく姿を描いた物語なんですが、
阪神・淡路大震災や東日本大震災を絡めた第2話あたりから、
このドラマはすごい・・・と一気にのめりこみだし、
今も毎日のように、何度も何度も観ています。

ドラマの題材、脚本、カメラワーク、
そしてなんといっても、すべての役者さんが本当に素晴らしい。
消防士たちの抱える苦悩や葛藤、人間の心情というものがとてもリアルに伝わってきます。

特に、主演の小池徹平さんには驚きました。
可愛すぎる容姿と少年のような澄んだ声が独特なのに、
ドラマの中で「小池徹平」という本人を全く感じません。「演技」を感じさせない。
ちょっとしたしぐさや表情、「は?」とか「え?」とかいう言葉にすら、役が息づいている。
こんなにすごい役者になっていたのか・・・!と、感動すら覚えました。

人間を描いた骨太な作品。
登場人物の一人ひとりがとても魅力的で、
何度観ても、胸にぐっとくる。

このドラマを見逃さなくて、本当によかった!
最近ずっと気持ちが沈みっぱなしだったんで、元気をもらいました。
何かに感動するって、やっぱり大事だな。。。



posted by ただゆめこ at 06:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

だんご虫ちゃん

dango1.jpg

夏の日のこと。
ぼ〜っとテレビを眺めていたらば、
視界の端で、何か黒いのが足もとに見えたんです。



dango2.jpg

「もしやゴキブリかっっ!?」と思い
ガバッと勢いよく身を起こしたらば、
あらまぁ、小さな小さなだんご虫ちゃん。



dango3.jpg

短い足を総動員して、よいしょ、よいしょと、一生懸命進むだんご虫。
子どもの頃、つっついてはよく遊んだものです。
だんご虫をみつけると、私は今だに、なんだか嬉しくなります。



dango4.jpg

つい、悪戯心がわきあがり、
試しにふぅ〜っと、優しく息を吹きかけてみたら、
くるっ!と、一瞬でまあるくなっちゃった!

驚くほどの機敏な反応。この上ない絶妙なタイミング。
その素早さがなんともコミカルで、かわいくって。

私の前でしばらくじぃ〜っと丸まっていただんご虫ちゃんは、
何も起きないことを悟ると、よいしょよいしょと再び歩きだしました。

小さな小さなだんご虫。
ひたすら進みつづけるその姿に、なんだか勇気をもらった私なのでありました。




posted by ただゆめこ at 05:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

わたしのチッタ

chitta2014.jpg


愛猫チッタの絵です。

チッタの写真はいっぱいあるけど、
自分と一緒に写ってるのは、ほんの数枚しかない。
悲しいから、絵にしました。

チッタのいない夏が、もう12回も過ぎ去ってしまったなんて。
わたしの中では、今も何も、変わっていない。
チッタは私の、永遠の十字架。



posted by ただゆめこ at 04:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

6年目の夏

mybubu6y.jpg


ぶーちゃん、ぶーちゃん。
大好きな 大好きな、
わたしの ぶーちゃん。

あの日に帰れたなら、
もっともっと、つよく抱きしめるのに。





posted by ただゆめこ at 03:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

父の退院

otetehato.jpg


だいぶ前にオーブン陶土で作った父&母の小さなお人形。
お手手がハートになってます☆

実は、
長期入院していた父が先月退院し、
寝たきり状態ではありますが、
やっと自宅に連れて帰ってくることができました。

在宅介護が始まって一ヶ月になります。
退院して間もない頃は、腹水が一気に増え、
往診の先生には悲観的なことを言われたりもしましたが、
とある日を境に状態が上向きになりだし、今はだいぶ落ち着いてきました。

先生や看護師さんもびっくりするくらい体のむくみがとれ、
ぱんぱんでカチカチだったお腹もだいぶ柔らかくなってきています。

こまめな体位変換とオムツ交換。食事介助に口腔ケア。
生姜油を作って足をマッサージしたり、お腹に里芋湿布をしたり、
毎日が本当に、あっという間です。

母と二人三脚で頑張ってますが、
これまでろくに口も利かず、自分勝手に生きてきた私が、
父のために、こんなにも頑張れるとは思っていませんでした。

親不孝なままで終わりたくない。終わらせたくない。
少しでも、日々を穏やかなものにしてあげたい。

償いにも似たこの思いは、
結局は、自分本位の自己満足なものかもしれないけど、
日々の介護の中で、私はやっと、父と素直に向き合えているように思います。


mikate.jpg


自分自身のことを考えると正直不安もいっぱいありますが、
今はとにかく、今できることを、精一杯、やりたいです。



posted by ただゆめこ at 04:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

Orange Moon

orangemoon.jpg


夜、何気なく窓の外を見たらば、
遠くのお空に、大きなオレンジ色のお月様が!

オレンジ色のまんまるお月様をみると、
いつも物凄く興奮しちゃいます。

しかも今日のは、なんだか月の上の部分がぼやけている?
まるで巨大な線香花火の火玉が、夜空にジリジリと浮かんでいるみたい・・・
なんて幻想的なのかしら〜!

と思っていたらば、ちょうどラジオから月の話題が。
なんでも、今日は部分月食なのだそう。

あぁ、こんなに素敵な月夜を見逃さずに済んでよかった。
偶然に感謝!

この感動を絵に残しておきたいと思い、
久しぶりにマット水彩で描きました☆


posted by ただゆめこ at 05:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

祈り灯

kibounohikari.jpg


暗闇を静かに照らす
蝋燭のちいさな灯火。
それは、人の祈りにも似ている・・・
ふと、そう思う。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お久しぶりでございます。
長いこと気持ちが沈みっぱなしで、どうもいけません。

実は最近、粘土こねたり、刺しゅうチクチクしたり、
迷走しながら、いろいろ試行錯誤してました。

近いうちに、手作り雑貨の販売を始めたいなと思っています。
まだまだ準備中ですが、頑張ります。



posted by ただゆめこ at 01:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

お馬さんと七福神

お馬さんと七福神


父が入院中ということもあり、
年末年始の実感ないまま、時が過ぎてしまいました。

心落ち着かない毎日ではありますが、
自分のやるべき事としっかり向き合って、
今年こそ、ちゃんと頑張りたいです。



posted by ただゆめこ at 14:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

永遠

永遠


11月29日未明
テレちゃんが、亡くなりました。

まだまだ一緒にいられるものだと、信じて疑うことすらなかった。
こんなにも突然、終わってしまうなんて。

どうして、こんなことになってしまったのか。

どうすべきだったのか。

答えはいつだって、過ぎ去ってから、現れる。
胸をえぐるように、容赦なく、鮮明に。

まだ生きられたはずの命。
私が、だめにしてしまった。

誰よりも、何よりも、大事に思っていたはずなのに。



テレちゃんは最後の最後まで、本当に優しい、いい子だった。

私は、テレちゃんから何もかも奪ってしまったのに、
それでもテレちゃんは、こんな私の願いを、叶えてくれた。

自分の腕の中で、最期を看取ることができた私は、
本当に、しあわせものだと思う。



3日3晩かけて、お別れをした。
抱きしめても抱きしめても、まだ足りない。

このままそばに置いておけたなら…
何度そう思ったろう。

テレちゃん。テレちゃん。

微笑むように、まぶしそうな目をして、
私を、静かにみつめている。

「だいじょうぶ。ぜんぶ、わかっているから」

まるでテレパシーのように、言葉を越えた心の声が、
そのまなざしから、私に伝わってきた。

このときの不思議な感覚が、今も、忘れられない。


別れのとき。

たくさんのカスミソウとスイートピー。
手にはお気に入りのぬいぐるみを抱かせ、天国で会えるようにと、チョビの写真も添えた。


姿かたちはなくなっても、
テレちゃんは、今も変わらず、生きている。
私の中で。

思い続ける限り、その命は永遠だ。

また会える。絶対に。

その日がくるまで、
命ある限り、しっかり、生きなければ。

そう思う。




posted by ただゆめこ at 03:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

バレリーナのテレちゃん

ボールペン画


愛猫テレちゃん。
なぜか、トイレのお片付けをしていると必ずすりよってきます。
そして、甘えながら後ろ足をびよ〜んと、バレリーナのように美しく伸ばすのです♪
本当にかわいい。愛おしい。

先日の絵もそうですが、ボールペンで描いた絵です。
父の入院を機に、使い始めました。

描きたいときにささっと描けて、
いつでも手を止められるのがいいなと思って使ってみたわけなんですが、
これがすごくいい!

筆圧もちゃんとつけれるし、
ペン先にたまったインクをこすりつけたりすれば、味のあるタッチもだせる。
何より、後片付けの必要がないのが最高〜

ボールペンこそ、面倒くさがりな私にはぴったりな画材かもしれない・・・ 
と、自分にとってはちょっとした発見なのでした。



posted by ただゆめこ at 02:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

希望

希望


9月28日から、父が入院しています。

意識障害による入院でしたが、肺炎を併発し、
少し上向きになってきたかと思った矢先に、突然の大量下血。

入院から2週間くらいの間は、本当に厳しい状態で、
一時は個室を借り、泊まりこみで付き添ったりもしていましたが、
先週辺りから、なんとか少しずつ持ち直し、
やっと、ベッドや車椅子上でのリハビリができるようになりました。

意思の疎通はまだまだといったところですが、
毎日希望をもって、看病しに病院へと通っています。


親孝行は、親が元気なうちにしておくべきことだと、
つくづく、そう思う。

こんなふうに なってしまう前に、
どうしてもっと、
優しくしてあげられなかったのか。

どうしてもっと、
素直に向き合うことができなかったのか。

後悔するって、ずっと前からわかりきっていたのに、
それでも、意固地な自分を変えることができなかった。

今はとにかく、父のためにできることを、精一杯やってあげたい。
ただそれだけです。



posted by ただゆめこ at 03:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする