2019年07月21日

沈黙の祈り

chinmokunoinori.jpg



計り知れない、無念の思い。

どうして、

なんで、

怒りと悲しみ、ぐるぐると渦を巻き、

祈ることすら、ままならない。

手にした小さな木片を、

削っても削っても、何も変わるはずもなく、

私はただひたすら、重く沈んでいく自分の心を、

じっと、みつめている。






posted by ただゆめこ at 06:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

最近

nekomimi_senga.jpg



最近、こういう感じの絵を黙々と描いております。


A4のコピー用紙に鉛筆で描いた線画。

クロッキーの一環で描いていたのだけども、
いい絵になりそうだったので、ついつい時間をかけ、きっちり描きすぎちゃった。





スキャンして、photoshopのバケツツールでざっくり着色。



nekomimi3.jpg



やはり・・・

なんか漫画っぽい雰囲気になっちゃった。






どうもイマイチだな〜と思い、
「フィルター」とやらを適当にいじくってテクスチャを加え、こんな感じに。



nekomimimama.jpg



どうでしょか?

photoshopは便利だし、いろんな風に変化をつけられて面白いと思うのだけど、
いくらでも直せるが故に、どれが一番いいかわからなくなってくるので困ります。。。






posted by ただゆめこ at 18:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

あじさい家族

ajisaikazoku5.jpg



なんだこの絵は?と思われそうですが、
「あじさい」です。


2年前に植えた、庭のあじさい。
昨年は1つしか花をつけず、ちょっと心配しましたが、
今年はだいぶ成長し、10個くらいの花をつけてくれました。

すべての蕾が、一斉に咲くのではなくて、
花の大きさや咲き具合は、茎ごとにそれぞれ違っています。

毬のように立派なものもあれば、
まだらに咲いてるものがあったり、
ほとんど蕾状態のものがあったり、マチマチです。

なんか、ひとつの家族みたいだな〜と思い、描きました。




この絵を描いたのは、3日前。18日のことです。

その翌日の晩に、山形県沖での大地震が起き、
この絵を使ってブログを更新するかどうか、本当は迷いました。

明日以降、新潟・山形では大気が不安定になるとのこと。
余震の続く中、雨風の影響がとても心配です。


大きな地震が、頻発している。

もっともっと、真剣にならなければならない。
覚悟をもって、生きなければ。

そう思います。




posted by ただゆめこ at 08:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

見てる

chirorin.jpg


黙々とパソコンで作業をしていたときのこと。
そんな私をじっとみつめる、チロのまなざしに気がつきました。

布団からムクリと体を起こし、
微動だにせず、じーっと、じーっと。

ふふふ。かわいいな〜
何を考えてるんだろうな〜

ちょうどペンタブを使っていたので、すかさず描き留めました。
ぎこちない線が、味わい深くていいな〜と思います。




posted by ただゆめこ at 12:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

夢桜

yumezakura1.jpg



姉のお友達の誕生日プレゼントに、彫りました。

手のひらでギュッと握れちゃうくらい、小さな小さな木彫りです。



家族以外に自分の木彫りをプレゼントするのは初めてだったので、
大丈夫かな〜、やっぱりやめておこうかな〜と、
長いこと一人モヤモヤ、臆病風と戦っていたのですが、
「やっぱり彫りたい!プレゼントしたい!」 と、一大決心。


実を言うと、最初に彫ったのは、先日の「太陽のお顔」の木彫りだったのですが、

いや〜 いきなりコレもらったら びっくりするだろ〜〜っ!
と思わず自分にツッコミを入れ、プレゼント却下。

そこで次に彫ったのが、この桜の花の木彫り、というわけです。

ちょっとイビツな形をしていますが、私はそこが気に入っています。





yumezakura3.jpg



つるんと滑らかな、整った仕上がりの木彫りよりも、
私はゴツゴツとした、無骨な感じの木彫りが好き。

着色は、木の温もりが感じられるくらいに、さり気なく・・・。

できあがった木彫りを、いろんな角度から眺めては、
いいね〜 いいね〜 と、相変わらず一人で自画自賛してましたが、
「すごく喜んでたよ〜!」と姉伝いに聞き、とても嬉しいです。

喜んでもらえて、よかったよかった!






posted by ただゆめこ at 05:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

太陽のお顔

ohisama_sunsun.jpg



子供のころ、イソップ物語の『北風と太陽』がすごく好きでした。

子供心に、とんちの効いた話だな〜と思いましたが、
私は話の内容そのものよりも、
「北風」と「太陽」に、妙にリアルな、
彫りの深いお顔が描かれているのが、たまらなく好きだったのです。


当時私が読んだ『北風と太陽』は、昭和ならではの絵柄といいますか、
「北風」も「太陽」も「旅人」も、みんな古代彫刻みたいな表情をしていて、とにかくシュール。

「北風」が口をとんがらせながら、
びゅぅぅぅ〜っ!!と、風を吹くシーンを見ては、
毎回無性に、わくわくドキドキしたものです。


そんなわけで、なんとなく、「太陽」を彫ってみました。

次は、「北風」を彫ってみようかな。




posted by ただゆめこ at 19:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

究極のバランス

zetsumyo.jpg



らくがき帳から抜粋。
なんとなく描いた絵は、線が味わい深くていいな〜と思う。





posted by ただゆめこ at 06:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

木彫り合掌

inorizou.jpg



小さな木片を、彫刻刀で黙々と彫っていると、
あっという間に、時間が過ぎてしまいます。

「彫る」というのは、力のいる作業なのに、
彫り進めていくほど、心は静まっていくのだから不思議です。

自我から解放されるような感じ…とでも言いましょうか。

ほんのひととき、無心になれる気がします。






posted by ただゆめこ at 04:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

スケッチ

ooarikui.jpg


NHKの深夜から明け方にかけて放送されている「映像散歩」が好きです。

四季折々の美しい景色とか、大自然に生きる動物の姿とか、
貴重な映像が、いろいろ流れます。

余計なナレーションは一切なく、BGMだけなのが非常にいい!
絶対、おすすめです。



実は、「映像散歩」で見た情景に触発され、
「オオアリクイ」と「タテゴトアザラシ」の親子を描きたいと、
ず〜っと前から、そう思っているのだけども、
スケッチ止まりで、気づけばもう、5年もの月日が経ってしまっています。





tategotoazarashi.jpg


スケッチは、あくまでもスケッチなので、
自分が描きたいイメージは、また別にあるのです。
いいかげん、形にしないとな。





posted by ただゆめこ at 19:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

証(あかし)

akashi.jpg



数年前に描いた、小さな絵。

描いた絵は、どれも私にとって大切な宝物だけど、
これはその中でも、特別な一枚。

描いては塗りつぶし、描いては塗りつぶし、
ふっと、姿を現した。



パソコンではなく、絵の具で絵を描くようになった当初、
自分が描きたいのは、「命」というものだな……と、
そんなふうに、漠然と思っていた。


でも、それは 違かった。


私が、本当に描きたいのは、
自分自身の中にある、「せつなさ」なのだと。

最近になって、ようやく、そのことに気がついた。


もしも、感情というものに、色があったなら、
私の目に、いちばん美しく映るのは、「せつなさ」だ。


私は、絵が好きで好きでたまらなくて、それで絵を描いているのではない。
そんな健全な人間では、まったくない。

私が絵を描くのは、
絵の中に、自分の想いを、留めておくためだ。



生まれた命は、必ず、終わりを迎える。

今日の真実が、明日もそうだとは、限らない。

この世のすべては、とめどなく、流れる。

変わらぬものなど、ありはしない。

それでも人は、「永遠」を求めずには、いられない。
ひどく弱い、生き物だ。


だから私は、絵の中に、「永遠」を求める。
変わらぬ想いが、ここにあるのだと。

描くことは、その証。






posted by ただゆめこ at 08:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

お返事ミカちゃん

mikachan-nya.jpg


名前を呼ぶと、ミカちゃんは必ず「ニャッ」と、返事をしてくれる。

お返事するミカちゃんの顔は、まるで笑っているみたいだ。



いつの頃からか、私が口をふくらませて、「ぶっ」と破裂音をだすと、
名前以上に、やたらと反応するようになった。




mikachan-bu2.jpg



私が「ぶっ」とやると、ミカちゃんが「ニャ!」と笑顔で答える。

「ぶっぶっぶっ…!」とやれば、

「ニャニャンニャ! ニャニャニャッ!」と返ってくる。

奇妙な会話は、とめどがない。
「ぶ」と「ニャ」は、引き寄せあうかのごとく、様々に呼応するのだ。




そんなミカちゃんの「ニャ」は、実に律儀である。

じっと丸まって眠っているのかと思いきや、
ささやくように「ぶっ」とやると、目をつぶったまま「ニャ」と言うもんだから、
こりゃたまらない。




mikachan-bu3.jpg



聞こえないくらいの、小さな小さな「ぶっ」なのに、
どうにもこうにも、反応せずにはいられないようだ。

ああ、かわいい、かわいい。
なんてかわいい、お返事ミカちゃん。





posted by ただゆめこ at 07:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

謹賀新年2019

nenga2019.jpg



年末のご挨拶ができないまま、新年となってしまいました。

今年こそは頑張る! そう誓ったのが、ついこの間のことのように、
気がつけば、もう2019年。

昨年の暮れは何かと慌ただしく、
母が人生初の手術を受けたりなど、いろいろありましたが、
こうして無事、新年を迎えられたことに感謝しています。

今年は亥年。
猪突猛進するくらいの勢いで、もっともっと必死になって、頑張りたいです。




posted by ただゆめこ at 04:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

くるくるオレンジのかつら山

orangeyama.jpg



私にしてはめずらしく、ちょっとおしゃれな感じの絵ができました。

色画用紙に描いた絵を、Photoshopで適当にいじって加工したものです。






orangemoto2.jpg


ちなみにもとの絵はこんな感じ。

Photoshopで加工するのは楽しくもあり、ちょっとくやしくもある・・・。
お遊び程度にいじる分にはいいかな。




なぜこんな絵を描いたかといいますと、この間、夢の中で、とある芸人さんが、
くるくるオレンジの巨大なかつらをかぶってステージに立っていたのです。

そして、赤いワンピース。
なんというか、ミュージカルのアニーと魔法使いサリーちゃんを
足して2倍したような感じといいましょうか。

顔が白くて、オレンジ色のかつらが映えること! 
実際にやったら、絶対面白いと思うんだけどな〜

本人に伝える術もないので、お絵かきして自己満足した次第です。





posted by ただゆめこ at 17:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

テレちゃんの階段

terekaidan.jpg



自宅二階の一室が、テレちゃん専用の部屋だった。

テレちゃんは、もともとは野良である。
先住猫のミカちゃんと仲良くなれるまでは、ある程度、部屋を分けておく必要があった。


外で自由気ままに暮らしていたテレちゃんにとって、
閉ざされた家の中で生きることは、相当なストレスとなる。
私はせめて少しでも、テレちゃんに良い環境を与えてあげたかった。

二階の一室だけでなく、
もっと自由に家の中を歩き回れるようにしなければ……。

そんなわけで、一階をテレちゃん、二階をチロ&ミカちゃんの生活スペースにしようと考えた。



ところが、テレちゃんを抱っこして強制的に一階のリビングに連れてきても、
すぐに二階の自分の部屋に戻って行ってしまう。

一階の部屋は、まだ未知の場所。怖いのだろう。

私は、テレちゃんが自分から階下に降りてくるのを待つことにした。
焦りは禁物なのだ。



けれど数か月が過ぎても、
テレちゃんの生活ベースは、相変わらず二階の一室のままだった。

みんなが寝静まった頃に、こっそり降りてきて
リビングのコタツに入っていたりすることはあるものの、
そうでないときは、階段の影から、一階の様子を静かにうかがっている。


一階と二階をつなぐ階段が、テレちゃんのボーダーラインになっていた。

「テレちゃん、こっちおいで〜」と優しく言っても、降りてこない。
階段の真ん中で、じっと私の顔をみつめている。
白熱灯のオレンジの灯りの下で、テレちゃんの瞳はまあるく黒目を帯び、
ますます愛おしく思えた。




そんなテレちゃんが、亡くなる前日の夜、
初めて、自分から一階のリビングへとやってきた。

とても驚いたし、うれしかった。本当に。
自発的に来てくれるのを、ずっと待っていたから。

ちょうど焼き魚があったので、その身をほぐし、テレちゃんに差し出すと、
テレちゃんは私の指にしゃぶりつくようにして、
ハグハグと、勢いよく食べてくれた。


本当のことを言うと、テレちゃんは長い間、酷い口内炎に苦しまされていた。

手作り食をペースト状にして与えたり、サプリメントをあげてみたり、
マヌカハニーや熊笹、いろんなことを試したけれど、
大きな効果はなかなか得られない。

頼みの綱のステロイドも、あまり効いているようには思えなかった。

そんなテレちゃんが、痛み声をあげることなく、
私の目の前で、おいしそうに魚を食べている。

これは本当に、心底うれしかった。

テレちゃんはきっと良くなる。絶対、元気になってくれる……。
私は、疑いのない希望を感じていた。

テレちゃんが次の日 死んでしまうなんて、
私は、これっぽっちも思ってなどいなかったのだ。
まったく。微塵たりとも。


今考えれば、これはテレちゃんの「お別れのあいさつ」だったのだろうと思う。
テレちゃんは最後の夜を、私と一緒に過ごしてくれたのだ。

明け方までテレちゃんは、ずっとコタツに入っていた。
徹夜する私の足元で、甘えたような顔をして、幸せそうに、丸くなっていた。



思い返したなら、ぶーちゃんのときも、そうだった。
亡くなる前日の朝、私の枕元にとびのってきたのだ。

そんな動きなどできないほど、日に日に弱っていくばかりだったから、
ぶーちゃんが、久しぶりに甘えてきてくれて、とても嬉しかったのを覚えている。

このときも私は、これならきっとぶーちゃんは大丈夫だと、
必ずまたきっと良くなってくれると、かすかな希望を抱いていた……。



階段をのぼるテレちゃんの姿。
ずっと描きたいと思っていた。
けど、なかなかできずにいた。

五年目を迎えた今。やっと描きとどめることができてうれしい。


私にはまだまだ、描きたい絵がある。
描いておかなければならない。もっと。もっと。





posted by ただゆめこ at 15:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

らくがきの変貌

ame2.jpg



らくがき帳に なんとなく描いた絵が、結構気に入ったりするときがある。


そんな絵は スキャンしておいて、
ときどきPhotoshopで ちょこっと色をつけたりなんかする。

そうすると、また違った雰囲気になって、なかなかおもしろい。




ameame2.jpg



どっちがいいかな〜、
う〜ん…、やっぱボールペンが好きなんだよな〜と、
誰に聞かれるわけでもないのに、勝手に一人で悩んでいたりする。







posted by ただゆめこ at 06:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

すぐそばに。

itsudemosobani.jpg



部屋の一角に、大切な写真が飾ってあります。

チッタとぶーちゃん、そして、テレちゃんとチョビの写真。

毎日必ず、一度は手を合わせます。


10月に入り、秋めいてきたある日のこと。

ものすごく嬉しいことがあって、
わたしはみんなの写真に手を合わせながら、お礼の報告をしていました。


カーテン越しの柔らかな日差しの中。

静けさを抱えるように、一人写真と向き合っていると、
何とも言えない、厳かな気持ちになります。

わたしは いつも以上にゆっくりと、
感謝の思いをこめて、愛猫たちの写真をみつめていました。



2枚の写真が、木製のシンプルなフレームに、それぞれ入っています。

羽毛布団の中から顔を出してるぶーちゃんと、
その横でゴジラみたいな顔してあくびしてるチッタ。

小雪のちらつく日。ダンボール箱の中で、仲良く暖をとるテレちゃんとチョビ。

ふふふ。 本当に、いい写真だなぁ・・・


愛おしむように、カメラ目線のテレちゃんのお顔を、
じーっと みつめていた、そのときでした。

写真の中のテレちゃんが、突然リアルに、浮き上がって見えてきたのです。

テレちゃんだけじゃありません。チョビもチッタも、ぶーちゃんも!

わたしの目には、写真なんかじゃ、ない。
鮮やかな命が、そこにそのまま生きているかのように、思えました。

なんと言ったらいいのか。

写真の枠の中に異空間が広がっていて、そこで今も変わらず生き続けているような、
それを見ているような、そんな感じです。


その瞬間、無性に涙がこみあげてきました。

あぁ、わたしは、守られている。
こんなにも、守られているのだ。

そう思ったのです。

うまく言えないけれど、ひとつの喜びの中に、一緒にいるような気がしました。
生と死を越えて、再び会えたような。 同じ魂を、共有しているような。


わたしたちは、こんなにもすぐそばにいるのだ。
いつだって。
心から、そう思えた瞬間でした。

とても、とても、不思議な感覚でした。






posted by ただゆめこ at 01:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

あふれる愛

afureruai1.jpg


姉への誕生日プレゼント。今年は木彫りです。


「あふれる愛」で、これからも温かな家庭を守っていってほしい
という願いをこめて。







afureruai2.jpg


これまでの木彫り作品は、茶系で木を地塗りしてたのですが、
今回は、ハートを淡いピンク色にしたいなと思ったので、
地塗りは白にして、着色しました。

やっぱり地の色が違うと仕上がりも全然変わってきます。
なかなかいい感じの色味。結構透明感があり、木目もよく見えます。







afureruai3.jpg


すごくかわいい! と、今年も無事、喜んでもらえました。
よかった、よかった♪





posted by ただゆめこ at 02:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

留める

fukuro-chan.jpg



テレビをつけ、座椅子にぼ〜っと座っていたら、
フクロウの可愛い映像が流れ、なんとなく見ていました。

そしてそのあと、とある映画を、そのままなんとなく見ていました。

映画の中に出てくる建物やアンティークのインテリアがとても素敵で、
私の意識は、自然とそちらへ向かっていきました。

ロココ調のカーテン。ビロードのソファ。
壁の随所に飾られた油絵が、チラリチラリと目に映ります。

そのときです。

私の脳裏に、古びたフクロウの絵のイメージが、突如ボン!と湧き上がりました。
厚塗りの、ちょっと角ばったシュールな感じです。

どうやら直前に見たフクロウの映像と、映画のアンティークな重厚感が、
自分の頭の中でミックスされたらしく、
混ざり合って出てきたそのイメージが、あまりにも鮮明だったので、自分でもびっくりしました。

これは描いておかなきゃと思い、描いたのがこの絵。

言わずもがな、描きたかったものとは全く異なる出来栄えです。

色鉛筆で描いたもんで、ふんわりふわふわ。
重厚感とは程遠い、ぜんぜん真逆のものになってしまいました。

まあでも、「フクロウを描きたいのだ」という思いは留めておくことができたので、
これはこれでよしとします。





posted by ただゆめこ at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

走れ!

hashile1.jpg


上の姪っ子への誕生日プレゼント。
今年は木彫りシリーズです。

陸上部で毎日頑張っているようなので、走っている姿をイメージして作りました。
黄金の足ー!っていう感じです。






hashile3.jpg



会うたびに、ぐんぐん大きくなっていて、びっくりさせられるのだけど、
無邪気な笑顔は変わらないでいてくれていることに、私は内心、ほっとしています。

今回のプレゼントにも、とっても素直に喜んでくれました。
別れ際「ありがとう〜!」と、笑顔で何度も手を振ってくれた姿が、嬉しかったな。







hashile2.jpg



その力強い足で、しっかりと今を踏みしめ、
これからも好奇心を持って、いろんなことに挑戦していってほしいです。





posted by ただゆめこ at 13:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

ふたつの視点

futatsuno_shiten.jpg



先日 NKHのクローズアップ現代で、「樹木希林さん 直筆の手紙」
というのがやっていたのだけども、その番組中のテロップに、

“ 死ぬことは 人の中に生きること ” という言葉があって、
私はこれに、ハッとさせられた。

死生観については、私自身も同じような思いを常日頃から抱いている。
それなのに、なぜそんなに衝撃を受けたのか。

それは私が、遺された側の立場で「死」というものを考えているのに対し、
これはそうではなく、「死に逝く側」から発せられている言葉のように、思えたからだ。

言わんとしていることは、同じだ。
けれど、見ている方向が全く違う。


命尽きようとも、魂は心の中で生き続けるのだと、
人一倍、そう強く信じているくせに、
私自身は、自分が死んだら誰かの心の中で生きるのだ、などとは考えたことがない。
そんなふうに思える相手など、自分にはいやしないのだから、
当然といえば当然のことだ。

いつか自分も、そんなふうに思える時がくるのだろうか。
私が絵に込めた想いは、誰かの心の中で、生き続けることができるだろうか。
そんなことを、ふと思った。





posted by ただゆめこ at 06:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする