2017年10月22日

チョビの夢

chobinoyume.jpg




チョビの夢をみた。


見も知らぬ、どこかの地。

扉を開け、部屋に入ると、
等身大の、ずんぐりとしたチョビの人形が、窓辺に置いてある。

張り子人形のようだ。

ふてぶてしい眼差し。
味わい深い造形に、思わず笑みがこぼれる。


わたしは、それを抱きしめた。

「 あ!!!」

ふわふわの毛並み。やわらかくて、どっしりと、温かい。

生きている!
人形なんかじゃない。これは本当に、本物の、チョビだ!

「チョビ、チョビ・・・!! あぁ、やっと、抱きしめることができた・・・」


わたしは嬉しくてたまらなくて、
力いっぱい、チョビを ぎゅ〜っと、抱きしめた。
強く強く、壊れそうなくらいに。



これは、夢の中の話。
けれど わたしは確かに、この腕で、チョビを抱きしめた。

チョビの温かな命を、わたしは決して、忘れない。







posted by ただゆめこ at 03:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

特別なバラ

baranoko.jpg



去年植えたバラのさし木が、ここまで大きくなった。

「さし木」とは、植物を繁殖させるための方法のひとつ。
ざっくり言うと、増やしたい植物の枝を10cmくらいに切って土に挿し、
そこから新たに発根させる、というものである。

もともと私は、庭木の手入れや草花の世話など、一切してこなかった。
それが今は、毎日この鉢植えをチェックし、
水をやったり、葉に虫がついていないか、日々の観察を怠らない。

それはなぜか。

この2つの苗は、単なる苗ではない。
我が家の庭に、長きにわたって植わっていたバラの老木の「 子供 」なのである。

その老木は、もういない。
去年5月の台風で、根元からグキリと、折れてしまったのだ。
たぶん、樹齢30年くらいにはなっていたと思う。

ほとんど放任で、なんの手入れもしてやらないのに、
毎年時季がくれば、ここにいるよと言わんばかりに見事な花を咲かせ、
私を驚かせてくれる。

そんな健気なバラの木が、台風一過、無残な姿で地面に横たわっていた。
あまりにも、突然のことだった。

世話など何もしてこなかったくせに、私は悔やんだ。
なんにもしてこなかったからこそ、悔やんだ。

このまま終わらせたくない。
なんとかして、このバラの命をつなぎとめたいと、強く思った。


母に頼み、さし木をしてもらう。

老木の枝を、ところどころ10本ほど短く切って、土に挿してはみたものの、
青々としていた枝は、真夏の暑さにだんだんと茶色くなり、
気づけば、残っているのは2本だけ。

もう、ダメかもしれない。
今日こそ、枯れているかもしれない。

毎日、恐る恐る さし木の様子を見に行き、祈るように、水をやり続けた。


2か月くらい、かかったろうか。
古葉を落とし、もはやただの棒切れのようになっていたその枝から、
新芽がひょっこりと顔を出しているのをみつけたときの感動は、
今でも、忘れられない。

それは ひとつの命が、新しい命へと、つながった瞬間だった。

うれしくて、涙がでた。
何かがとけだすように、あふれでた。

命ってすごい。すごいよ。と、
馬鹿みたいに、大泣きした。




台風がくる数日前、老木は、一輪の大きな花を咲かせた。
母が切り花にし、それは父の仏壇へと飾られた。

老木が台風に倒れた後も、残された切り花は、父の仏壇の前で長く咲き続け、
その枝からとったさし木が、写真左の、苗である。


そして右の苗は、私を二度、驚かせてくれている。

小さな5枚葉を3つ出したきり、成長がピタリと止まり、
春になっても微動だにせず、枝が茶色く枯れこんできてしまっていたのだが、
夏に入ってから、一年越しに再び、新しい芽を出してくれたのだ。

なんという、力強さ。

どんな状況にあろうとも、ただ懸命に、生きようとする。
あるがままの命の姿に、心の底から、感動する。





baranokibori.jpg



この感動を、何か形に残しておきたい。
そう思い、久しぶりに木彫りに挑戦した。
新芽を出した時に描いたスケッチをもとに、彫っている。



私はこれまで、たくさんの大切な命を、だめにしてきた。
どんなに頑張っても、祈っても、救うことは一度もできなかった。

そんな私が、初めて、つなぎとめることのできた命。
老木の命が、新しい命へとつながったとき、
私は、バラではなく、自分自身の心が、救われたような気がした。 

それくらい、私にとってこの一連のできごとは、
とても大きな、かけがえのないものとなっている。





posted by ただゆめこ at 06:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

貼り絵でノート(その3)

ne3.jpg



もうひとつ、貼り絵が続きます。
これは姉への誕生日プレゼント。

ブック型ノートのハードカバーに施した貼り絵。
特に、裏表紙が気に入ってます。
青い屋根のお家が、メルヘンチックでとてもかわいいのです!





ne1.jpg


笑顔あふれる、温かな家庭。
何よりも大切な、守るべきもの。

そんなことを思いながら、わたしは一人黙々と、
和紙をペタリ、貼っていく・・・

そうしてできあがった貼り絵は、自分でも驚くほど、
のどかで可愛らしい世界に なっていました。






ne2.jpg


プレゼントを手にした姉は、「ありがとう〜!」と、にっこり笑顔。
貼り絵を撫でるようにみつめながら、
とてもとても、喜んでくれました♪




posted by ただゆめこ at 04:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

貼り絵でノート(その2)

ni6.jpg


貼り絵が続きます。
これは、姪っ子(姉)ちゃんへの誕生日プレゼント。

もとは、ハードカバーのブック型ノート。
表紙から裏表紙にかけて、開くとこんな感じに。




ni1.jpg



姪っ子(姉)ちゃんは、バタフライもできちゃうくらい、泳ぐのが大の得意!!
なので、かわいい人魚姫に変身〜☆

手持ちの和紙が、もう渋めの色合いしかなくて、
できるかな〜?と、ちょっと不安に思いながら作ったんだけども、
ほんのわずか残っていた水色の和紙を、人魚のしっぽにちぎってペタリ。
これがいいアクセントになって、なんとか人魚っぽくできました。





ni3.jpg



海の中というより、池の中みたいな感じになっちゃったけど、
私自身は、こういう色味が好み。 
姪っ子(姉)ちゃんも、「かわいい〜〜〜!」と、すごく喜んでくれました♪





posted by ただゆめこ at 16:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

貼り絵でノート

ha25.jpg



甥っ子ちゃんへの誕生日プレゼント。

今年は貼り絵でいこう、ということで、
今回もブック型ノートの表紙を使って、貼り絵をしました。

和紙ならではの温かみがあります。
和紙、大好きです!




裏表紙はこんな感じ。
お気に入りの青いランドセルを真ん中に。


ha22.jpg



これを見た瞬間、甥っ子ちゃんは 「あ!」と叫び、
目をキラキラさせて、「ありがとう!!」と、大きな声で言ってくれました。

喜んでもらえて、わたしも嬉しい!!
よかった♪よかった♪





ha27.jpg






posted by ただゆめこ at 00:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

愛しき、子。

chittae.jpg



あれから、15年もの月日が経ったなんて、
とても、信じられない。

記憶の果てを、何度も何度も、なぞり起こし、
抱きしめる。

決して、離しは しない。
変わることのない、思い。

わたしの 愛しき、子。




posted by ただゆめこ at 12:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

蝉の声

semi2.jpg



2017年8月15日。正午。

全国戦没者追悼式のテレビ中継をつけながら、
部屋で一人、黙とうをした。

1分間の黙とう。

窓辺に立ち、じっと目をつぶっていると、
蝉の鳴く声が、四方から湧きたつように、
大きく、大きく、耳に響いてくる。

72年前の夏も、蝉たちは きっと、
同じように力強く、一生懸命 鳴いていたに、ちがいない。
そう思ったら、なんだかとても、怖くなった。

「 くりかえしては、ならない。絶対に 」
蝉の声が、そう叫んでいるように、
わたしには、思えた。





posted by ただゆめこ at 03:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

ぶーちゃんの星

bubuhoshi1.jpg




八年目の、あついあつい、夏。

暗くて 深い、夜の空に、

ひときわ つよく輝く、白き星を、みつけた。

こんなところに、いたなんて。

なぜ、今まで、気づかなかったのだろう。

わたしの 愛しき魂は、

悲しみの底になど、決して、沈んでは いなかった。

やすらぎに満ちた、静寂のかなたで、

こんなにも 誇らしげに、微笑んでいる。

死することは、星に なること。

おとぎ話のような その死生観は、

もしかしたら 限りなく、真実に近いのかも、しれない。






posted by ただゆめこ at 09:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

へんてこ座椅子

zaisu1.jpg


ごく普通の、うすっぺらい座椅子。

座面と背もたれ部分に、亡き父が愛用していたポロシャツを
それぞれ一枚ずつ、かぶせて使っています。
つまり、座椅子カバーにしてるわけです。

背もたれ部分は上からポロシャツをぴっちりと着せ、
座面部分は下から。
袖の部分は、中に入れ込みます。

これだけでも、人から見たらちょっと変な座椅子だと思いますが、
最近、この座面のポロシャツの中に、ミカちゃんが潜り込むようになりました。





zaisu3.jpg


あれ?どこにいったのかな? と思って、部屋を見まわしたら、
座椅子のポロシャツが、まぁ、こんもりと、静かに膨らんでいて。
最初にみつけたときは、それはそれは、笑いました。

ぴったりフィットのポロシャツの中に潜って、
じ〜っとしているミカちゃん。

そしてそれを、うらやましそうにみつめるチロ。

あぁ、可愛いったらありゃしない。





posted by ただゆめこ at 05:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

リバース・イメージ

fukase2.jpg




放送終了からだいぶ時間が経っちゃいましたが、
TBSドラマ「 リバース 」、すごくよかったです。

取り返しのつかない過ち、というものがある。
ぐるぐると渦を巻く、終わりのない悲しみと、苦しみ。
それを抱え続けながら、生きていくということ。
私にとってこのドラマは、ただのドラマでは、決してなかった。

毎回、観ていて胸がしめつけられる思いがしたけど、その反面、
自分自身がずっと隠し持っている苦しみを、
やっと誰かに、ズバリと言い当ててもらえたような気がして、
妙な安堵感というか、一瞬の解放感というか、なんだか少し、嬉しくもありました。

そして、なんといってもよかったのは、
深瀬という、ごく普通の人物を、藤原竜也さんが演じてくれたということです。
というか、他の役者さんだったら、たぶんこのドラマを観ていなかったと思う。

藤原竜也さんといえば、インパクトのある独特な役柄が多いこともあって、
「狂気」を演じたら右に出るものはいないな〜という
漠然とした印象を私は持っていたのだけども、
それだけに、今回の演技は本当に、すごく新鮮だったというか、
深瀬という人物像が、シンプルに、まっすぐと心に入ってきて、
とにかくよかった! すごくよかった!

そんなわけで、今回のこの絵は、
藤原竜也さん演じる、主人公・深瀬をイメージして描いたものです。

ぼんやりしながら、なんとなく描いてみたらば、
残像のように頭で抱いていたイメージが、そのまま絵になって現れてきたので、
描いていて自分でびっくりしてしまいました。
相変わらずの、自画自賛です。





posted by ただゆめこ at 15:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

つんつん・・・

tsuntsun3.jpg



ダンゴムシのように丸まって、横向きに寝ていると、
必ずミカちゃんがやってきて、
わたしの鼻を、そ〜っと、つんつん、してきます。

なんなんでしょ?

何やら気配を感じ、目をあけると、
ミカちゃんの白いお手手が、にゅぅ〜っと 伸びてきて、
鼻をつんつん・・・

仰向けで寝てるときはしないのに、横向きだと、必ずつんつんしてくる。
笑っちゃうくらい、本当に本当に、そ〜っと、そ〜っと、
「つんつん・・・ 」 なんですよ。
おもしろいな〜。 あぁ、かわいい。 愛おしい。

・・・ということを描きたかった絵です。






posted by ただゆめこ at 13:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

山羊飼いの少年

yagikaiboy2.jpg



羊じゃなくて、子ヤギです。




posted by ただゆめこ at 00:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

猫抱く、座禅のこころ。

zazenbutsu.jpg



らくがき帳から抜粋。

猫さんのお顔が、特に気に入っています。
こういう表情は、描こうと思っても、描けない。
考えちゃったら、もうダメなわけで、
まっしろな無の中から、ひょっこりと、偶然現れるものだと思います。
なんて、ちょっと大袈裟か。

自分なりの仏様やお地蔵様を、描きたい。表現したい。
以前から、思ってること。
ちょっとずつでも、形にしていきたいです。




posted by ただゆめこ at 18:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

わたしのしあわせ

mezame3.jpg



 目覚めのとき
かわいいお顔が ふたつ並んでいることの、
しあわせ。




posted by ただゆめこ at 10:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

色鉛筆

iroen2.jpg


ねんねのミカちゃん。
甘えん坊だからなのか、いつも自分の足を抱きかかえるようにして寝てます。
寝姿にも性格がでますね〜





iroen1.jpg


どちらの絵も、2〜3年前でしょうか。かなり前に、色鉛筆で描いたものです。
やわらかめの芯ということで買った色鉛筆が、
期待していたほどには柔らかくなく、描き心地がどうも自分の好みと違う・・・
そんなわけで使用頻度も低く、色鉛筆は今もまだ長いまま。

せっかく買ったものだし、色鉛筆の絵そのものは好きだから、
もっといろいろ描いて、ちゃんと大事に使っていかないとな。





posted by ただゆめこ at 03:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

にじいろのとり、みつけた。

nijitori.jpg



にじいろのとりが、わたしの心に、魔法をかけた。

震えるほどに きらめいて、

頑なな 悲しみさえも、愛おしく 色を変える。

こんなふうに思えるときが、くるなんて。

それだけでいい。

それだけで、こんなにも、しあわせ。

わたしは みつけた。にじいろのとりを。

終わらない夢。

大切な大切な、わたしの宝物。




posted by ただゆめこ at 23:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

夢中。

mitumeru5.jpg



遅ればせながら、ドラマ「嘘の戦争」、最高です!
先々週終わってしまいましたが、未だ興奮冷めやらず、
録画してあるので、毎日のように観ています。

4話あたりまでは、ちょっと期待しすぎたかな?なんて思ったときもあったけど、
7話以降のヒリヒリとした緊迫感、驚くような展開と盛り上がりは爆発的に素晴らしく、
最終話まで、燃え上がるように一気に走り抜けたというか、
ハラハラドキドキ、最後まで本当に楽しませていただきました。

脚本の面白さもさることながら、それ以上に、
草gくんの演技が、本当に本当に、すごかった!!
観た人なら、きっと誰もがそう思ったはず。

もはやこれは演技を通り越して、役がのりうつってるとでも言うんでしょうか?
適した言葉がみつからないほどに、とにかくすごい。すごすぎる。

理屈ではない、本物の感情で生み出された無垢な演技。
心に突き刺さるような「魅せる演技」というものが、    
自分の感覚で、本能的にできてしまう人なんだなと思いました。

ものすごく熱いものを秘めているのに、どこか涼しげで、心地いい。
その天才的な才能に、心底、惚れ惚れ・・・です。


素晴らしい作品に出会えた時、本当にうれしくなります。
心の中で何かが沸き立つように、強く強く、励まされる。

私も頑張らなきゃ。頑張ろう!って。
そう思います。




posted by ただゆめこ at 11:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

I Love ボールペン。

bopen1.jpg


ボールペンが好き。それも水性ではなく、油性のもの。

ほんの少し、ねっとりした感じの、滑らかな描き心地。
角度や筆圧を変えれば、意外といろんな線が描けるし、
ペン先にたまったインクが、ときどきべたっと紙について、
それがまた何とも言えない、いい味わいになったりする。

もっぱらよく描くのは、愛猫を抱いている姿。
そして、こけし。



bopen3.jpg



落書き気分で描き始める。
鉛筆だったら消して直してしまうような線も、
そのまま気にせず、ゴリゴリ描き続ける。

そうして出来上がった絵には、純粋な勢いがある。
整った絵とは言えないだろうが、不思議と味のある、いい絵になっていたりする。




bopen4.jpg




posted by ただゆめこ at 07:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

夏の終わりに

16obon1.jpg

愛猫チッタ、テレちゃん、ぶーちゃんの粘土人形。
チロのお尻の隣で仲良く並んでおります♪

ぶーちゃんの命日が過ぎ、お盆が過ぎ、
そしてチッタの命日が過ぎ、
あっという間にもう9月です。

ぶーちゃんとチッタの命日が過ぎると、
私の中では、夏が終わったような気持ちになります。




16obon2.jpg

あんなに小さかったミカちゃんも、気づけばもう7歳。チロは推定9歳に。
いつの間にか、中高齢期に突入です。

物凄い甘えん坊でいたずらっ子なので、
なんだかいつまでも子猫のような気持ちでいましたが、 
時は止まることなく、確実に流れているんですよね・・・

自分自身だって、これからどうなるかわからない。
いつ何が起こるかなんて、誰にもわからない。

一緒に過ごせる「今」という瞬間を、もっともっと大事にしなくちゃ。
改めて、そう思いました。



posted by ただゆめこ at 04:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

アナログ絵のデータ化

booktest1.jpg


かなりのお久しぶりです・・・

「製本直送.com」というオンデマンド製本サービスがありまして、
以前からずっと気になっていたのですが、
最近ようやく、試しに作ってみようという気持ちが固まり、
今いろいろ準備しています。

絵の制作を、デジタルからアナログに移行したことで、
原画をいかにデータ化するかということが重要になってくるわけですが、
スキャニングにしろ複写にしろ、業者に頼むと高額になってしまうし、
やはり自分でなんとかするしかありません。

水彩画などのスキャンで一番気になるのは
紙の波うちで生じる影じゃないでしょうか?
水張りしてから描けばいいんでしょうが、私は面倒くさいのでほとんどしません。
使う紙も安価な薄いものなので、紙がメラメラ、たわみまくりです。

とりあえず、家庭用スキャナで取り込んだ画像をPhotoshopのElementsで
適当にレベル補正して黒い影をとばして、
それだけだとコントラストが強すぎて水彩の柔らかい感じがなくなってしまうので、
フィルター加工でちょっとだけノイズをつけてみました。


booktest2.jpg


どうでしょね?
原画とは異なる仕上がりにはなってしまうけど、
わら半紙に描いたみたいな感じで、これはこれで私は気に入っています。

原画に忠実にしたいなら、デジカメ+三脚+自然光で撮ったほうが
いい結果が得られるかもしれないな・・・。


そもそもデータがRGBなので、色味の沈下は避けられないかもしれませんが、
デジカメや家庭用スキャナのデータで、どの程度の印刷結果が得られるのか、
まずは確認してみたいと思います。


posted by ただゆめこ at 20:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする