2011年12月31日

大晦日











今日は12月31日。
私は幼いころから、大晦日が1年の中で一番好きです。

無事に一年を終えられるということが、どれほどありがたいことか、
今年はいつも以上に、強くそう感じています。

何気ない日常こそが、本当は、幸せの塊。

感謝の気持ちで大晦日&新年を迎えたくて、
今年はいつになく、一生懸命、大掃除しました。

どうか新しい一年が、希望ある年になりますように。


posted by ただゆめこ at 02:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

kizuna2012.jpg


2ヶ月ほど前に描いた来年の年賀状イラストです。
賀詞を使うことには抵抗があるので、「絆」ということばを掲げています。


昨日、NHKのnews Watch9で、「再起を誓う家族写真」というのがやっていました。

福島県相馬市で今もなお、仮設住宅での生活を強いられている人たちに、
家族写真を撮ってプレゼントする、という取り組みを取材したものです。

途中、60代後半のご夫婦が取材に応えていて、
そのご主人が毅然とした態度で、言葉少なに話し始めました。

「俺たちは、家族だけは、助かったから。」

「災害にあってから、夫婦の、絆...」

と言葉にしたところで、ご主人は急に声をつまらせると、
口をぎゅっと震わせながら、片手で顔をおおい、
あふれ出す涙を必死にこらえていました。

そして沈黙のあと、その悲しみを呑み込むように、
「ありがたいです」 と、言ったのです。

まるで、自分に言い聞かせるように。

この言葉を聞いた瞬間、
私の中に、このご夫婦の抱えている計り知れないほどの深い悲しみが、
一気に押し寄せてきました。

「ありがたいです」というこの言葉に、
どれほどの意味と、深い悲しみ、苦しみがこめられているか。

そう思うと、
やるせなくて、悔しくて、たまらない気持ちになりました。


怒りにも似た、抱えきれないほどの悲しみを、
「希望」に託して、生きていく。


被災地の今を、しっかりと、見つめていきたいです。


<NHK> news Watch9「再起を誓う家族写真」


posted by ただゆめこ at 01:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

カナブン救出

 夜、お風呂上りに居間へ行ったら、
天井からジリジリジリジリ、変な音がしたんです。

なんだこの音は!と思い、じ〜っと耳をすませて聞いていると、
どうも天井に埋め込まれた照明器具の奥から聞こえてくる。

我が家の居間の天井には、蛍光灯とは別に
埋め込み式のライトが4つついてるんですが、
ジリジリという奇妙な音の発信元は、そのうちの一箇所に間違いない!

これは一大事!と思い、電気に詳しい兄に速攻SOS。

「なんか電球の奥からジリジリ変な音がするのー!早く早く!!」
と半ば無理やり兄を居間へと誘導。

ネズミかなんかいるんじゃないの?と怖いことを言いながら
兄はしぶしぶ椅子の上に乗っかると、
天井に埋め込まれている照明器具をパコッと外しました。

その瞬間、ドサッとネズミが落ちてくる...!
なんていうことはなく、

照明器具の裏っかわをそぉ〜っと覗きこみむと、
現れたのは、緑色に光沢を帯びたカナブンさん。



カナブン救出


「 いるよ〜〜〜 虫が、虫〜〜!!」

「 ひ〜〜!目にゴミが入ったーーー!!」


カナブン発見の最中、わめく兄の姿が可笑しくて、
母と二人見上げながら思わず大笑い。


結局、音の原因は小さなカナブンでした。

電球の隙間から奥へと入り込んだものの出ることができずに、
出口を探してジリジリともがいていたのです。

そんなわけで、こうして運良く兄に救出されたカナブンさんは、
すぐさま母の手へと委ねられ、
無事、窓から外へと逃げることができたのでした。


めでたし めでたし。



posted by ただゆめこ at 01:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

Tシャツも到着!

チロ&ミカTシャツ表


注文していたオーダープリントのTシャツも到着しました☆

「CHIRO & MIKA」のイラストを正面と背中に配置したデザイン。

Tシャツのオーダープリントは初めての試みだったんで、
ちょっと不安もありましたが、思ってたよりもずっときれいに印刷されていました。


チロ&ミカTシャツ背中


インクジェット方式なので色が薄めになるんですが、
それはそれでソフトな感じでかわいいです。


それからもう一つ。

お馬さんに乗った兄の似顔絵Tシャツも作りました。


ちょび髭ジョッキーTシャツ



これは兄への誕生日プレゼントに☆

自分の描いた絵がTシャツになると、やっぱ楽しいですね。




posted by ただゆめこ at 15:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

マグカップ到着!

mg1.jpg


注文していたマグカップが到着しました!

ドキドキ・わくわくしながら開梱☆

以前作ったときより、マグカップが軽くなった感じです。

線画の白抜き部分がつぶれてないか心配してましたが、
にじみもなく、とてもきれいな仕上がり!

特に、CHIRO & MIKAのマグカップは本当にイメージ通りの仕上がりで
とっても気に入りました!


オンマウスすると後面の画像も見られます♪





そして、ブタ鼻ちゃんの似顔絵マグ。
母に見せたら、笑ってました〜



↑ オンマウスして見てくださいね☆



にゃんたいそうのマグカップですが、これはちょっと修正したほうがいいかな...
色を直してもう一回作ってみようと思います。
なかなか難しいですね〜


muta3.jpg



posted by ただゆめこ at 16:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

CHIRO & MIKA

私のお気に入りイラスト


お手手ハートと相合傘のマグカップと一緒に、
他にもあと2つ、イラストでデザインしたマグカップを頼んであるんですが、
そのうちの一つが、この「CHIRO & MIKA」です。

1年ほど前に描いたイラストを、マグカップ用にちょっとアレンジしました。

もとは、コミックエッセイプチ大賞というのに応募したときに描いたイラストで、
コンテストの結果自体は全然ダメだったんですが、
私の中では、すごく気に入っているイラストなので、
どんな風にマグカップに印刷されるかとても楽しみです。



chiromikafriends.jpg


チロとミカちゃんが初めて対面したときは、
これくらい体の大きさが違かったのよね〜

ほんとに大きくなって...


ちなみに、同じイラストを使ってTシャツのオーダープリントも頼んであるんです。
チロの鼻の部分とか、すごく細い白抜きになってるんで、
もしかしたら黒く塗りつぶれちゃうかもな〜と、ちょっと心配してるんですが...

うまく仕上がってくれるといいんだけどな〜





posted by ただゆめこ at 14:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

お手手ハートと相合傘

クレヨンのほのぼの似顔絵


クレヨンツールを使って描いた我が父と母の似顔絵です。

前回のペン画風のイラストをいろいろ描いてた際に、
ふとこの構図というかイメージが湧いてなんとなく描いてみたんですが、
これは... かなり! 抜群に気に入ってる1枚です!

手と手でハートマークを作ってるんですよ☆ 
そして、お手手ハートの中には「LOVE」の文字。

ど〜うですかー!
すっごくかわいいと思うんですけど〜!

この絵のポイントはなんといっても鼻ですね!鼻!
ぶた鼻ちゃんがなんとも言えずかわいくて、
絵の絶妙な下手さ加減がほのぼのとしてて、いい味ででると思います。

相変わらずの自画自賛〜


あんまり気に入ったんで、これで似顔絵マグカップを作ろうと思い、
もう一枚同じような感じの絵を描きました。


ハートの相合傘


お手手ハートと相合傘のほのぼの似顔絵。
二枚の絵をマグカップの正面と後面にそれぞれ配置したデザインにしました。

せっかくなので、他にも2つほどマグカップのデザインを考えて一緒に発注したんですが、
どんなふうに仕上がるか、とっても楽しみです☆



posted by ただゆめこ at 16:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

ごっつんこのあいさつ

チッタとのあいさつ


日付が変わってしまいましたが、8月18日は
愛猫チッタの命日でした。

今年で9年目。
もうそんなになるんだなぁ...


愛猫チッタは黒毛のおっとりとした性格で、
まぁるいお目目がとっても可愛い子でした。

チッタの目を じぃ〜っとみつめると、
私にむかって、おでこをごっつんこさせてくるんです。

だから私も、それをおでこで受け止めます。

チッタと私の、ごっつんこのあいさつ。
親愛の証。


亡くなる前日、病院に面会に行ったとき、
チッタは狭い柵の中から私をじぃ〜っとみつめると、
ミャァと、声にならない声でなきました。

私は柵越しに顔を近づけて、
チッタとごっつんこのあいさつを交わしました。



チッタは、家に帰りたかったに違いない。

どうせ助からないのだったら、入院を打ち切って、
家に連れ帰ってあげればよかった。

それがあのとき、
私がチッタのためにできた唯一のことだったのに。



ペットとして生きる動物の幸せは、
100%、飼い主次第だ。

そんな当たり前のことに、
私はチッタを死なすまで、気づくことができなかった。

もっともっと、精一杯、かわいがってあげればよかった。
私は、ダメな飼い主だった。
何もしてあげられなくて、ごめん。


こんな私でも、
チッタは虹の橋で待っていてくれるのかな...

虹の橋で、もし会うことができたら、
力いっぱい、抱きしめるからね。
二度と離れられないように、ぎゅっと。




posted by ただゆめこ at 01:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

祈り

祈り

わたしたちの現在(いま)が、
たくさんの犠牲の上にあることを
決して、忘れてはいけない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



第二次世界大戦の終結から、66年が経ちました。

世界中から争いがなくなり、
本当の終戦と呼べる日がくることを、
心から、祈ります。



posted by ただゆめこ at 01:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

油彩ツール

うさぎの絵


突然タッチが変わって、今回は油彩ツールでうさぎさんを描いてみました。

いつもクレヨンとかパステルばかりで色づけしてますが、
私が使っているArtRageというソフトは、実は本当は、油彩ツールが一番の売りなんです。

ずっと前に、油彩ツールで何度か描いてみたことはあったんですが、
ぜんぜん思うようにできなくて、結局ろくに練習もせずにそのまま。。。

私自身、油絵のぼってりとした質感がすごく好きなんですが、
実際に油絵の具を使ったことなんて一度もないし、
クレヨンと違って色の混ぜ具合とかが全然思うようにいかなくて、ホント難しいです。

白いウサギさんのほうはまあまあ可愛くなりましたが、
手前の茶色いウサギさんのほうは、なんか色がぺったり、平面的...

どうすれば油絵独特の、あの重厚な質感が出せるのかな〜と悩んでたんですが、
さっきちょっと調べてみたらば、
絵の具をそのままキャンバスにぶにゅっと出して、
パレットナイフで伸ばしてぬる、という技法を知りました。

あ、そうか。なるほど〜
そういう方法があったのか...

思うままに描くのもいいけど、
画法の勉強もちゃんとしないとダメですね。


油絵で描きたいイメージが以前からいっぱいあるので、
少しずつ頑張って練習していきたいと思います。


白いうさぎさん




posted by ただゆめこ at 01:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

イメージマップ

うさぎさんの大縄跳びイラストでイメージマップを☆


ホームページのトップ用にイメージマップを作ってみました。

画像中の特定の場所に複数のリンクを設定するイメージマップ。
以前から作ってみたいな〜とずっと憧れていたんです。

てっきりIllustratorとか高機能なソフトがないとできないのかと思ってたんですが、
ちゃんと調べてみたらば、
windowsに付属のペイントでも、作成に必要な座標の割り出しなるものができちゃうんですね〜

そんなわけで、以前描いたうさぎさんの大縄跳びのイラストを使って
試しにちょっとイメージマップを作ってみました。


せっかく作り方を覚えたんで、今度はイメージマップ用に新たに絵を描いて作ってみようかな。



posted by ただゆめこ at 23:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

あれから3年。

s3bu11727.jpg


大好きな大好きな、私のぶーちゃん。
その柔らかな温もりは、今も変わらず 
私の中で、ずっと生きてる。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



日が変わってしまいましたが、昨日はぶーちゃんの3回目の命日でした。


今回の絵は、部屋に飾っている一枚の写真を描いたものです。
ぶーちゃんが亡くなる2ヶ月ほど前に
セルフタイマーで撮ったぶーちゃんとのツーショット写真。

ぶーちゃんの写真はいっぱいあるけど、
自分と一緒に写ってるのは、ほんの数枚しかありません。
大切な宝物です。


ぶーちゃんは慢性腎不全との闘病の末、肺水腫を併発して亡くなりました。

最後の最後まで、必死に苦しみぬいたぶーちゃん。

でも、息をひきとったあと、ぶーちゃんのその顔は
苦しんで亡くなったとは思えないほど、びっくりするくらい本当に安らかでした。
それは、誇らしげに微笑んでいるようにさえ私には見えたんです。

そして一夜が明けると、
眠ったままのぶーちゃんは、まるで子猫のようにあどけない顔をしていました。


あれから3年。


今でもぶーちゃんのことを想うと、
あのときああしていたら...とか、あんなことしなければ...とか、
たらればの呪文が頭をぐるぐるして、涙があふれます。

だから、最後に見たぶーちゃんの 天使のように安らかな顔は、
私にとって、本当に心の救いなんです。。。





posted by ただゆめこ at 05:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

再スタート

tozasu2.jpg


2ヶ月ぶりの更新。
ArtRageを使って絵を描いたのは、4ヶ月ぶりです。

事後報告となってしまいましたが「タダユメコーボ」のネットショップは
先月をもって閉店となりました。

実は、2ヶ月ほど前から鬱が酷くて何もする気がせず、
絵はもうスッパリやめてしまおうと思っていました。

でも、どんなに不安でも、ダメな自分に心底絶望しても、
結局私が行き着くのは、「描く」ということのようです。

これが再スタートの一枚。。。

3年かけて築き上げたショップサイトはすべて消えてしまいましたが、
tadayumeko-boのドメインがもったいないので、
また新たにHPを立ち上げたいと思ってます。




posted by ただゆめこ at 17:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

すずめさん

suzume.jpg


すずめさんです。

金子みすずの「雀のかあさん」という詩をイメージして描き始めたんですが、
描きたかったイメージと全然違くなってしまいました。残念。





posted by ただゆめこ at 02:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

クレヨン画

isake.jpg


久々に絵を描きました。
鼻でか夫妻。 我が両親の似顔絵です。


ここ1ヶ月、何もする気になれず、
絵への思いもプツリと途切れてしまっていました。

そんな中、ちょっとした出来事があり、
なんとなく、両親の似顔絵が描いてみたくなり、
家にあった和紙のハガキに、クレヨンで描いてみた次第です。

本物の紙に、本物のクレヨンで絵を描く。

パソコンでの制作と違って描き直しはきかないし、整った絵は描きにくいけど、
でも逆にそれが温かみがあってすごくいい。

やっぱり本物の色はいいなぁ... 

そう思いました。


本当は油絵とかに憧れるけど、画材が高いし、後片付けとか大変だろうし、
3にゃんの暴れ猫がいる私には、気軽に描けるクレヨンがベスト。

そんなわけで、世界堂に行ってスケッチブックとかいろいろ買ってきました。

もう当分、パソコンでは絵は描かないかも。


isa2.jpg




posted by ただゆめこ at 14:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

祈り

東北地方太平洋沖地震の発生から10日が経ちました。

あまりにも多くの命と、人々の幸せを、なんの慈悲もなく突然に奪い去った悪夢。
これが現実だなんて、今でも信じたくありません。

亡くなった方の恐怖と無念さ。
大切な人を失った方の苦しみを思うと、胸が張り裂けそうです。

被災した方々は、恐怖を拭い去る暇もないほどに、とてつもなく大きな悲しみを背負いながら、
この困難な現況を必死に生きています。
「頑張ってください」などという安易な言葉は、私にはとても言えません。

本当に、言葉になりません。



避難生活を余儀なくされた方々の辛く不安な日々が、
どうか一刻も早く、少しでも改善されますように。

そして、たくさんの人々の思いが、これからも薄れることなく、
被災地の方々の心に寄り添い、ともに在り続けることを、祈っています。




inori5.jpg





posted by ただゆめこ at 01:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

オーボエを吹く少年

oboe.jpg



韓国ドラマ「ベートーベン・ウィルス」にすっかり心奪われてしまい、
最近何も手につきません。。。 困った。

というわけで、今回はオーボエを描いてみました。

ドラマの中で「ガブリエルのオーボエ」という曲を演奏するシーンがあるんですが、
この曲が、涙が出るほど本当にすばらしくて感動します。
映画「ミッション」の楽曲で映画も曲もとても有名だそうですが、
私はドラマを通して初めて知ったので、
近いうちにぜひ「ミッション」も観て、そしてサントラも手に入れたいです。



あ〜ところで、持病の頚椎症の具合がかなり悪くてしんどいです。
脊髄が圧迫されるせいか、なんか肺の裏っかわまで痛苦しくて気持ち悪いし。
パソコンに向っての作業が一番つらいので、ホント嫌になります。




posted by ただゆめこ at 02:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

夢中

violin3.jpg



実は今、夢中になっているものがあります。
それは、「ベートーベン・ウィルス」という韓国ドラマです。

毎週月〜金の2時過ぎから韓流αという番組で韓国ドラマが放映されいて、
「ベートーベン・ウィルス」の放送は先週で終わってしまったんですが、
本当にとても面白い作品で、もうすっかり虜になってしまいました。

オーケストラを題材としたドラマで、
最初はてっきり「のだめ」のパロディかなんかかと思ったのですが、
観てみたらば、全然ちがいました!!
こんなに心奪われ、感動し、夢中になった作品は初めてです!

今まで韓国ドラマというと、昔の大映テレビを思わせるような
ベタな恋愛物といったイメージを私はちょっと抱いていたんですが、
この作品はそれとは全然違い、脚本と役者さんたちの演技がとてもすばらしくて驚きました。

特に、カンマエ役のキム・ミョンミンという方の指揮が本当に素晴らしいです。
本物の指揮者よりも指揮者らしいというか、こんなにかっこいい指揮を見たのは初めてでした。
韓国にはこんなにすごい役者さんがいるのかと、とてもびっくりしたのと同時に、
この作品に出会えて、本当によかった!と心から感謝したくらいです☆

それから、このドラマで欠かせないのが音楽!
ドラマの中で流れるクラシックや、オリジナル曲が、この作品をより一層深く、素敵なものにしています。
テレビでの放映は終わってしまったので、
オリジナルサウンドトラックを買って、毎日エンドレスで聴いてます☆


ええと長くなりましたが、そんなわけで、今回はバイオリンを描いてみました♪
楽器を描くのは難しいですね〜

私もね、実はバイオリンとピアノを小学生の頃に習ってたんですよ。
ピアノは7年、バイオリンは確か4年くらいやってたかな??

「ベートーベン・ウィルス」のような作品に当時出会っていたら、
きっともっともっと一生懸命練習して、音大目指してたかもしれない...

なんて思ってしまうくらい、このドラマには感銘を受けました。最高です。





観た事ない方は、ぜひレンタルしてみてくださいね〜
絶対お勧めですよ☆ 




posted by ただゆめこ at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

ペンギンと男の子

babypen6.jpg



ペンギンと男の子。

ペンギンは皇帝ペンギンの子供...です。
子供同士、仲良くお手手つないでます。


ところで、先日の「小鳥と女の子」の絵を印刷してみたんですが、
自分で言うのもなんですが、すっごく素敵! 
この絵のタッチがますます気に入りました☆




posted by ただゆめこ at 18:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

小鳥と女の子

kotorigirl5.jpg



くっきりとした一本線ではなく、ほそい線を細かく重ねて描きあげたら、
ちょっと銅版画っぽい雰囲気になりました。


縮小しちゃうと普通の線画とあんまり変わらないけど、
これくらい大きくすると、細い線の描写がよく見えていい感じです☆



kotorigirl52.jpg


今回の仕上り感がなかなか気に入ったので
しばらくこの手法を練習しようかな。




posted by ただゆめこ at 00:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする