2013年12月18日

バレリーナのテレちゃん(オイルパステル)

バレリーナのテレちゃん(オイルパステル)


バレリーナのテレちゃんを、オイルパステルで描いてみました。
とても気に入ったので、額に入れて飾っています。

テレちゃんと過ごした日々。
忘れたくない、たくさんの大切な思い出。

描くことで、いつまでもいつまでも、
鮮明に、残しておきたいです。



posted by ただゆめこ at 03:13| クレヨン(オイルパステル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

永遠

永遠


11月29日未明
テレちゃんが、亡くなりました。

まだまだ一緒にいられるものだと、信じて疑うことすらなかった。
こんなにも突然、終わってしまうなんて。

どうして、こんなことになってしまったのか。

どうすべきだったのか。

答えはいつだって、過ぎ去ってから、現れる。
胸をえぐるように、容赦なく、鮮明に。

まだ生きられたはずの命。
私が、だめにしてしまった。

誰よりも、何よりも、大事に思っていたはずなのに。



テレちゃんは最後の最後まで、本当に優しい、いい子だった。

私は、テレちゃんから何もかも奪ってしまったのに、
それでもテレちゃんは、こんな私の願いを、叶えてくれた。

自分の腕の中で、最期を看取ることができた私は、
本当に、しあわせものだと思う。



3日3晩かけて、お別れをした。
抱きしめても抱きしめても、まだ足りない。

このままそばに置いておけたなら…
何度そう思ったろう。

テレちゃん。テレちゃん。

微笑むように、まぶしそうな目をして、
私を、静かにみつめている。

「だいじょうぶ。ぜんぶ、わかっているから」

まるでテレパシーのように、言葉を越えた心の声が、
そのまなざしから、私に伝わってきた。

このときの不思議な感覚が、今も、忘れられない。


別れのとき。

たくさんのカスミソウとスイートピー。
手にはお気に入りのぬいぐるみを抱かせ、天国で会えるようにと、チョビの写真も添えた。


姿かたちはなくなっても、
テレちゃんは、今も変わらず、生きている。
私の中で。

思い続ける限り、その命は永遠だ。

また会える。絶対に。

その日がくるまで、
命ある限り、しっかり、生きなければ。

そう思う。




posted by ただゆめこ at 03:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

バレリーナのテレちゃん

ボールペン画


愛猫テレちゃん。
なぜか、トイレのお片付けをしていると必ずすりよってきます。
そして、甘えながら後ろ足をびよ〜んと、バレリーナのように美しく伸ばすのです♪
本当にかわいい。愛おしい。

先日の絵もそうですが、ボールペンで描いた絵です。
父の入院を機に、使い始めました。

描きたいときにささっと描けて、
いつでも手を止められるのがいいなと思って使ってみたわけなんですが、
これがすごくいい!

筆圧もちゃんとつけれるし、
ペン先にたまったインクをこすりつけたりすれば、味のあるタッチもだせる。
何より、後片付けの必要がないのが最高〜

ボールペンこそ、面倒くさがりな私にはぴったりな画材かもしれない・・・ 
と、自分にとってはちょっとした発見なのでした。



posted by ただゆめこ at 02:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

希望

希望


9月28日から、父が入院しています。

意識障害による入院でしたが、肺炎を併発し、
少し上向きになってきたかと思った矢先に、突然の大量下血。

入院から2週間くらいの間は、本当に厳しい状態で、
一時は個室を借り、泊まりこみで付き添ったりもしていましたが、
先週辺りから、なんとか少しずつ持ち直し、
やっと、ベッドや車椅子上でのリハビリができるようになりました。

意思の疎通はまだまだといったところですが、
毎日希望をもって、看病しに病院へと通っています。


親孝行は、親が元気なうちにしておくべきことだと、
つくづく、そう思う。

こんなふうに なってしまう前に、
どうしてもっと、
優しくしてあげられなかったのか。

どうしてもっと、
素直に向き合うことができなかったのか。

後悔するって、ずっと前からわかりきっていたのに、
それでも、意固地な自分を変えることができなかった。

今はとにかく、父のためにできることを、精一杯やってあげたい。
ただそれだけです。



posted by ただゆめこ at 03:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

『ぷりぷりどん!』のその後


PictBox「第2回赤ちゃんも楽しめる絵本コンテスト」結果発表

先日ご紹介した絵本作品『ぷりぷりどん!』ですが、
オリジナル絵本サイトPictBoxの「第2回赤ちゃんも楽しめる絵本コンテスト」で、
優秀賞をいただきました〜!!!

受賞作は今後、絵本アプリ「こえほん」「森のえほん館」にて販売・配信されるとのことで、
どんなふうになるのか、とても楽しみです♪

審査結果での貴重なアドバイスや総評なども、大変勉強になりました。

これからも地道に、自分らしい表現のあり方を追求していきたいです☆


posted by ただゆめこ at 17:02| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

フミフミするミカちゃん

fumifumi.jpg


最近、ミカちゃんが私のお腹をフミフミするようになりました。

座椅子に座っているとすぐのっかってきて
フミフミ フミフミ…

最高にかわいいです。


posted by ただゆめこ at 18:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

web絵本 『ぷりぷりどん!』

ぷりぷりどん!

 
赤ちゃん向けの絵本をつくりました。
おしりとおしりの勝負!
絵本サイトPictBoxにて公開してますので、ぜひご覧くださいね〜♪


posted by ただゆめこ at 05:59| 絵本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

思い出

きこえる…


今日は愛猫チッタの命日です。

チッタは、長枕の上で寝るのが好きでした。
そして私は、そんなチッタをぎゅぅ〜っとするのが大好きでした。

チッタのまあるい体に耳を押しあてると、
トクトクトク… という心臓の音が聞こえてきます。

人間よりもちょっと早く、トクトクトクトクトク…
規則正しくつづく、命の鼓動。

「トクトクトクトク… チッタは生きてるーーー!!」
なんだか嬉しくて、たまらなく愛しくて、
叫ぶようにチッタを抱きしめたことを、今でもよく覚えています。

チッタが亡くなって11年。

何も気づいてやれなかったこと。
ひとりぼっちで死なせてしまったこと。

自分のしたことが許せなくて、
どうして、なんでと、
過ちばかりを何度も何度も思い返してきたけれど、
そうではなくて、
チッタが元気だった頃の、微笑ましい温かな思い出も、
これからは同じように、もっとちゃんと、大切にしていきたい。

この絵を描きながら、そんなふうに感じました。



posted by ただゆめこ at 19:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

私の十字架

5年目の夏


5年前の今、
ぶーちゃんは最後の苦しみを、必死に耐えていた。

ぶーちゃんとの思い出はたくさんあるのに、
思い起こすのは、あの夏の日のことばかり。

ぶーちゃんに会いたい。
ごめんねって、強く強く、抱きしめたい。



posted by ただゆめこ at 03:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

木彫り

小さな木彫り

木版画の延長で、木彫りに挑戦してみました。
こけしとワンちゃんなんですが、
小さな木切れから彫り出したので、本当に小さいです!


手のひらにのせるとこんな感じ☆

木彫りの小さな小さなこけしちゃん


木彫りならではの温もり。
まじまじと眺めては、一人にんまりしています。



木彫りの練習


ヒノキの端材を大量に安く手に入れたので、
彫ったり絵を描いたり、いろいろ試していきたいです。



posted by ただゆめこ at 16:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

こけしはんこ

ゴム板はんこ


家にゴム板がたくさんあるので、こけしのはんこをつくってみました。

デザインナイフではなく彫刻刀で彫ってみたんですが、
なかなか味のあるこけしさんになりましたよ〜☆




posted by ただゆめこ at 16:34| 木版画・はんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

猫とお月様

猫とお月様


だいじょうぶ。
ひとりじゃ、ないよ。




posted by ただゆめこ at 01:00| 木版画・はんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

猫とカナブン

猫とカナブン


カナブン侵入!

ブンブンブンブン、しばらく飛び回り、
そして、電器にピタ・・・

じっとみつめる愛猫ミカちゃんなのでありました。




posted by ただゆめこ at 17:45| 木版画・はんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

ひなどり

ひなどり


暑い日差しの中を歩いていると、
まだ幼い、小さな小さなひなどりが、
アスファルトの上で、
ぺちゃんこになって、死んでいた。

気づかれることすらなく、
何度も何度も、車に押しつぶされた命。

カラカラに乾ききった体は、
まるで枯葉のように、あまりにも軽くて、
6月の湿った風にさえ、簡単に吹き飛ばされてしまいそうだった。


壊さぬよう、そっと包み取り、
足早に、家に連れ帰る。

雑然とした我が家の庭。
せめてもと、やわらかく土を掘り起こす。


羽ばたくことなく、終わった命。
それでも、この命は確かに生まれ、生きていた。

ざくろの花咲く下で、
ひなどりは今、静かに眠っている。



posted by ただゆめこ at 01:37| 絵と詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

ぐわっぐわっぐわっ

アヒルの親子☆木版画


多色刷り木版画、アヒルの親子です。

大好きな木版画ですが、
あらゆることが未だによくわからず、
一人黙々と四苦八苦しています…



ぐわっぐわっぐわっ!




posted by ただゆめこ at 01:14| 木版画・はんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする